カテゴリー

201712ベトナム

201712ベトナム その1(ハノイ)

とくにどこに行きたいというあてもなかったので、ダナンに直行便が飛んでるということもあり、行ってなかった中部ベトナムに行くことにして10月頃にチケットをとった。が、11月上旬ぐらいから体調がいまいちで、どうしようかなと迷ったが、正月ぶらぶらしてるのもキャンセルするのも勿体ないという貧乏根性で行ってきた。

写真

■12/28

年末年始休暇より1日早く休んでベトナム航空で成田空港からハノイに飛ぶ。羽田からのハノイ便を間違えて成田空港に行ってしまいタクシーを飛ばしてかろうじて間に合った人の話を忘年会で聞いていたので、何度もチケットの確認をした。ANAじゃないから間違ったらまずアウトだ。
ハノイにはちょいディレイで14時過ぎに到着。空港でSIMを買って入れ替えてもらう。ほとんどどこでもWifiが飛んでいるので不要なようだが、Grabという配車アプリの認証に電話がいるのだ。タイやデリーと違って、ハノイでは都心に出るのに専用の鉄道が通っておらず、86番の外国人用のバス(路線バスより高い)に乗る。タクシーやバスがやたらぼってくるというので、警戒モードである。ロンビエンバスターミナルで降りて、現地の日系旅行代理店によって頼んでおいた鉄道の切符を受け取って支払う。サイトで予約が出来そうだが、ベトナムで認証されたカードじゃないと決済までたどり着けないのだ。IT化されているようで国外からは何かと使いづらい。社会主義国だしな。

代理店からホテルまではごみごみしたとおりを歩いて10分ぐらいである。フロントのお姉さんがかわいいしアオザイだしスタイルいいし、とても親切に見所やレストランなどを長々説明してくれるので、英語をちゃんとやっておけばよかったと深く後悔した(ちなみに、シフトの関係かこの日だけだった)。部屋も広いしあたりだ。

ホエンキアム湖の手前のおしゃれなコーヒー屋でお姉さんオススメのココナツ・アイスコーヒーを飲む。コーヒーフロートのうまい奴みたいな感じで、ハノイは北ベトナムで雨季の今は20度前後までしか気温が上がらないので、暑い頃だともっと美味しいのだろう。カフェは日本なんかよりチェーン店も独立系もいい感じの店が多かった。ライトアップされたホエンキアム湖の周りを歩いて、さらにホーチミン廟まで歩く。ここもライトアップされていて警備の人もいる。散歩してる人や体操をしている人もいる。昼間来るとまた雰囲気が違うのだろうが。

■12/29
8時にハロン湾行き一日ツアーの迎えがくる。日本人が多い時期なので、日本人だけ集めたミニバスである。大きな土産物屋で休憩を入れつつ4時間で船着場に到着。広大な駐車場にたくさんのバスが並んでいる。ここで他のバスからの外国人と合流して船に乗り込む。出航して直ぐに大皿料理の昼食が出る。味はいまいち。皆そそくさと片付けてデッキに出る。心配していた雨は降らず曇天である。島について、地元民が漕ぐボートに乗って20分ぐらいの遊覧。看板に4万ドンと書いてあるが、船を下りる前に20万ドン徴収されたので、かなりぼっている。この日系旅行代理店のサイトにも20万ドンと書いてあったので、ガイドがポケットに入れているわけではなさそうだ。あんまり気分はよくない。全部コミコミにすればいいのに。また船に戻っていろんな島を眺めて、今度は鍾乳洞に入る。中はすごいのだけど、いちいちこれは亀に見えるとか何に見えるとか書いてあって、バカみたいだと思った。17時頃、港に戻ってまた4時間かけてハノイに帰着。金曜日なので、週末のナイトマーケット(というか路上ビアガーデン?みたいなもの)をやっているので、BBQで久しぶりにビールを飲む。気分がよくなった。

201712ベトナム その2(ホイアン)

■12/30
朝から小雨が降っている。カッパを着て、9時に出発。大聖堂を抜けてハノイ駅に行き、また86番のバスで空港に向かう。ダナン行き1230発の飛行機は遅れて1500発。ダナン空港からホイアンのホテルまでタクシーに乗ったがぼられることもなくメーターで430K。18時頃にはチェックインできた。
日系の代理店でフエに行くツーリストバスを頼もうとしたがシンツアーの再販で要領を得ないので、直接シンツアーに行って予約。ホワイトローズ(ワンタン)の有名店で揚げワンタンを食べてみるが食事というかつまみだ。夜、旧市街を少し歩いてみるがよさそうな雰囲気である。

■12/31
明け方早く目が覚めてしまう。気分が重いので二度寝して7時起床。今日はホイアン旧市街散策。入り口でチケット購入。ガイドブックにいろいろ書いてあるが、5日有効だといわれた。
日本橋や古民家などをみてまわる。縦長で中庭があって、町屋に似ているところもある。保存されている古民家以外はほぼお店かカフェになっていて、飛騨高山に似ている。民族博物館的なものや、演芸をみたりして昼ぐらいまで過ごし、宿に戻って休む。
外でネットが繋がらないので確認すると、空港で買ったSIMの容量が少なかったので使い切ったようだ。地図アプリが勝手に使っているのが大きい。ただ、ほとんどどこでもwifiが使えるのでチャージはしないでこのまま行く。
夕方、対岸から旧市街を見てみる。大晦日かつランタン祭りの日なのですごい人だ。コーヒーを飲んだりしながら待っていると、17時半ぐらいから暗くなってきた。灯篭流しのようなものやライトアップしたボートが河に浮かび始める。旧市街を歩いてみるが、ランタンは昨日と同じような感じだ。ランタン祭りの日は電飾を落とすの様なことが書いてあったが、煌々とついている。後日確認したら、この日はなぜか普段と同じだったようだ。
■1/1
元旦。こちらは旧正月を祝うので、新正月は特に何もない。
チェックアウトして9時にミーソン遺跡ツアーの迎えが来る。やはり日本人ばかりで13人。道中、田んぼの代掻きなどをしているが、ほとんど手作業で大勢人が出ている。
ミーソンに着くとここもバスがすごい。電動カートに乗り換えるのだが満員でなかなか乗れない。遺跡に入ると雨が降ってくる。雨の中簡単な説明があって、その後20ぐらいの短い自由時間。遺跡自体はそんなに残っていないので、ここでベトナム戦争があったんだなー、とか思ってみるのが見方なのか。半日ツアーは忙しないので、足があったら自分で行くのがよさそうだ。
宿に戻って、荷物をピックアップして対岸の宿に移る(連続で予約取れなかった)。こちらは部屋は狭いがリバービューだ。その辺を散歩すると、こちらの対岸側は韓国系の宿や店が多いようだった。
旧市街のチュンバックという店で遅めの昼食。伊勢うどんのようなものがあるとガイドブックに書いてあるが、伊勢うどんと違ってすごい腰があってうまい。ホワイトローズもうまい。米粉料理の種類が豊富だ。その後、屋上に上がれるカフェがあったので(入り口が分かりづらい)、またお茶。瓦屋根が並ぶ様が一望できて、カメラを持ってこなかったのが悔やまれる。休憩のたびにカフェに入るのでおなかががぼがぼだ。
夕刻、ナイトマーケットに行ってみる。土産物屋が並んでいるだけでランタン屋は入り口に数軒。常設の縁日のような感じだ。観光客で混んでいる。

201712ベトナム その3(フエ)

■1/2

昨夜、新年だからか宿の隣で夜中までライブみたいなのをやっていてよく眠れず。
7時からの朝食をあわただしく食べて、シンツアーからフエ行きのバスに乗り込む。スリーピングシートなんだけど、最後尾のシートだったのでいまいちである。
ダナンなど何箇所かで客を拾って、ハイバン峠はバイパスのトンネルをくぐって抜けた先のガソリンスタンドで休憩。雨が降っている。フエには13時に到着。川岸の駐車場みたいなところで宿に近い。
チェックインして休んで、町に出てやたらヘルシーなフライドライスを食べたがエビなどが入っていてうまい。夕方から王宮方面まで散歩する。ここもライトアップだ。夜は生春巻きとバインベオなど。うまくて安い。
移動日だった。
■1/3
小雨である。少々風もあり、傘を差しても腹から下が濡れる。
橋を渡って阮王宮に行く。王宮のような遺跡のような、なんともいえない残り方。雨の中、2時間ぐらいふらふらする。
昼飯は昨日の夜食べた店が近くてうまかったのでまた行くと混んでいる。人気店のようだ。午後は大型スーパーでみやげ物の物色をするも自分用の缶ビールぐらい。フダビールといって、中部はこれらしい。夜は精進料理に行ってみるが、英語が通じないし、写真のメニューも精進料理だからフェイク料理で分からないし、困った。麺と何かを頼んだら、厚揚げの味噌漬けのようなものだった。
フエは地方都市のような感じだが、飯がうまかった。
■1/4
実質最終日だが、とくにすることも残っていないので、ダナンでどう時間をつぶそうか。
フエ→ダナンの列車を取っていたので、タクシーで駅に向かう。到着している車両の写真を撮っていたが、乗るのはこれじゃなくて、後からホームに入ってきたやつだった。時間通りに動き出し、ハイバン峠を海側を通ってダナンに向かう。シーズンオフのビーチが見えたり、世界の車窓からのようだ。ダイヤどおりぴったり13時ダナンに到着。
タクシーで駅から空港に移動し、荷物を預かってくれる簡単なレストランみたいなところで預けた。後で確認したら国際線の方で預けてしまったので、帰りは気をつけなければ。
ふらふら歩いてハン市場やカフェなどさまよう。お土産のチョコを買いに行ったら、ガイドブックに乗っている店なので日本人で混みあっていた。多少韓国人。
夜は中華(高かった)を食べて、空港に戻り荷物をピックアップして深夜の飛行機で帰国。
後半は観光に飽きてきたのかな、食事メインだった。

その他のカテゴリー

インデックス 【国内】 200802入笠山 200803水上 200804香川 200805大平宿 200806平標山・仙ノ倉山 200807仙丈・甲斐駒 200808三斗小屋温泉 200810奥鬼怒日光澤温泉 200811天城山 200812大平宿 200812谷川岳 200903裏磐梯・大内宿 200904三頭山 8年ぶり二回目の屋久島(200904) 200909大平宿 200911 庚申山荘・足尾銅山 201002 山形蔵王 201003八ヶ岳 201007熊野古道 201009涸沢 201010安達太良山 201104赤城山(黒檜山) 201106 両神山 201107北岳 201108東北 201109蓼科山 201110霧積温泉、鼻曲山 201203北八ヶ岳 201205高野山 201208白馬岳 201210秋山郷・鳥甲山 201301日光澤温泉(再) 201304笠取山・飛竜山 201307白砂山 201308鳳凰三山 201308知床 201402高峰温泉 201407赤水渓谷 201408北アルプス表銀座 201411鬼怒沼 201412天狗岳 201501上高地 201502大平宿 201502硫黄岳 201503雲取山 201504小笠原 201602八幡平 201605山陰 201607飯豊山 201608南会津 201702蔵王 201705檜枝岐 201710苗場山 201711雲取山 201711岐阜 201802蔵王 201802網走 201905四国 【海外】 200809ラダック 200901インドネシア 201004オランダ・ベルギー(前半) 201004オランダ・ベルギー(後半) 201012ランタン 201211ケアンズ皆既日食 201404スリランカ・バンコク 201509インド 201612ネパール 201712ベトナム 201911チェンマイ 【まとめ】 境界線を行く(ヒマラヤ編) 家で焚き火(大平宿総集編) 【その他】 リーマンの会 香港→シンガポール計画