カテゴリー

201612ネパール

201612ネパール その1

2016-17の年末年始は、5日の年休をとってネパールのアンナプルナベースキャンプ(ABC)までトレッキングに行ってきた。
ネパールに初めて行ったのは2002年でトレッキングと旅行にはまった。そのときはアンナプルナ方面の下の方を歩いたので、いつかABCまで行きたいと思ったが、2回目は2010年でランタン。初回訪問からは15年で、ついにABCである。

行程は、トレッキングに余裕をもって8日間、前後アプローチあわせて14日間と超ロング。こんなに休んだのは初めてかもしれない。同行は奇しくも2回目の訪ネのランタンで知り合ったAさん。

写真

Map
トレッキングの行程

Map2
結構歩いた。直線のところ(2日目と最後から2日目)はデータ取れてない。

■12/22
日が変わって12/22、0時20分羽田発のバンコク行きで出国。ツイッターでネパールでバンダ(デモ)をやるという情報が流れていたので、不安である。バンダになると、車の乗り入れが制限されるので空港から街に入る手段に困ってしまう。
バンコクのスワンナプームで乗り換えて、翌日昼過ぎにカトマンズ到着。多少車が少ないようだが、タクシーなどは動いていて無事市内に入れた。後で確認したところ、バンダは小規模にやっていたようだ。デモすらネパールらしくいい加減である。

今回、タメルではなく、TIMSカードを取得するNTBに近いサンダラ・エリアに「ホテル・ザ・マウントタカオ」というなぜか日本語の宿があったので、そこに泊まった。

Dsc_0117
ほんとに高尾山って書いてある。

チェックインして、歩いてNTBに行く。相変わらず埃っぽい。NTBでは、写真4枚と4,000ルピーでTIMSカードでパーミッションを取得する。写真は4枚もいるとは知らずに枚数が足りなかったが、その場で撮ってプリントしてくれるので時間がかかるが大丈夫だった。

TIMSカード取得が準備としては一番心配していたので、一安心。タメルまで歩いて、お茶を飲んだり、ふらふら散歩する。タメルはレンガ造りの古い建物が多く、地震で崩れたままだったり、つっかえ棒で支えてたりする建物が多い。震度3ぐらいの地震がきたら怖いと思う。

Dsc_0127
まだ残る震災の跡

夜はチベットの鍋料理、ギャコックを食べる。味は良いが油っぽくて食傷気味。

Dsc_0130
ギャコック!

サンダラのホテルまで歩いて戻る。サンダラも宿が多いが、レンガ造ではなくRC造が多い。タメルより静かだし、両替屋や食べるところもあるのでいいかな、と思ったが、泊まった「タケオ」はお湯が出なかった。。。

日本から長い一日だったので、顔だけ洗ってバタン。

■12/23
朝早くタクシーで空港へ向かう。ちなみに、エアポートタクシーで市内までは700ルピー、戻りはその辺のタクシーで500ルピーだった。空港からも値切れば500ルピーにはなる。

ポカラまでは、イエティエアのプロペラ機で向かう。機上からは雲が多いものの、ヒマラヤの高山が見えてテンションが上がる。ポカラはカトマンズほど騒々しくないし埃も多少ましなようである。

Dsc_0146
飛行機は自由席!右の窓側に座るといい。

空港からバスでレイクサイドに向かい、宿にチェックインしてその辺を散歩する。ペワ湖沿いに遊歩道ができている。歩くとやっぱり埃っぽい。

Dsc_0181
ペワ湖の遊歩道

夕食は、15年前にいった蘭花飯店が健在だったのでまた入ってみた。量が多いがたしか15年前もそうだった気がする。

明日から、トレッキングである。

201612ネパール その2

■12/24
8時にタクシーでフェディに向かう。1,200ルピー、30分ぐらいでついた。身支度を整えて、9時からついにトレッキング開始である。

Dsc_0195
いよいよである。

最初は15年前の逆コースで、フェディから急登をダンプスに向かって登る。ダンプスにはバスが通うようになっていて、休日ということもあってネパール人が大勢ハイキングにきていた。

Dsc_0201
のどかなダンプス

オーストラリアン・キャンプとの分岐からはやや人が減る。今は、急登のあるフェディからではなく、カーレからオーストラリアンキャンプを経由するルートがメジャーなようだ。
ポタナで昼飯を食べて、デオラリで日本人ガイドとすれ違う。デオラリからの急な石段を降りる途中で日本人の年配のトレッカーに会う。先ほどのガイドはこの人を送って行ったようだ。
石段を下りきると味気ないジープ道に出て、30分ぐらいで今日の目的地のトルカに到着である。崖の対岸のガンドルン方面の棚田が見事である。
夜は星が見えた。

■12/25
7時朝食、8時出発。
歩き出すとアンナプルナ・サウスとヒウンチュリがきれいに見える。

Dsc_0268
朝からテンションが上がります。

ランドルンまではジープ道を1時間ぐらいである。ランドルンまで車が入るようになっているようだ。ランドルンからガンドルンへ向かう道と分かれて、ニューブリッジ方面に向かう。ここから歩いたことのないゾーンである。
ニューブリッジには二つ吊橋が架かってて、手前の新しい方を渡った。結構長いが新しいのでテンションが強くあまり揺れない。

Dsc_0281
吊橋、いやだよー。渡ったけど。

二つ目の吊橋をすぎたあたりに2,3軒ぐらいロッジが並んでいるのがニューブリッジの集落である。ここでお茶休憩。川まで下って、小さな木の橋を渡り、一時間急登を登ると温泉のあるジヌーに到着。ここでお昼を食べる。昔来た時は寒かった印象しかないが、今回は日差しも強く登りでもあるので、暑い。
更に一時間半、急な石段を登ると、今日の目的地のチョムロンである。チョムロンは高い丘の上にあるので、登り下りがきつい。今日は特に一番暑い時間帯に登りがかち合ってしまった。ジヌーで一泊できると涼しいうちに登れるかもしれない。
15時ぐらいに到着し、ロッジにチェックイン。

Dsc_0320
チョムロンのロッジ

明日はドバンまでの予定だが、その次の日の行程が長くなるので、出来ればヒマラヤホテルまで行ってしまいたいと思う。
ここから先はミネラルウォーターが売ってないので、湯冷ましのピューリファイド・ウォーターである。夕食はいつものダルバート。このロッジだけでなく、全体的に客が少ない。両替が少なかったので若干不安になる。行動食が多いので、積極的に食べていこう。

■12/26
朝になると晴れていて、アンナプル・サウスからマチャプチャレまでよく見える。アンナプルナ・サウスの南面はこの辺が一番接近しているのだ。

Dsc_0326
ほんのり朝焼け

チョムロンの集落の出口にはACAPのチェックポイントがあり、名前などを登録する。
そこから川に架かった吊橋まで石段を150m下り、吊橋を渡ると今度は畑の中を急峻な登りである。
途中、振り返るとチョムロンの棚田が見事。1時間ぐらい登るとシヌワに到着。ミルクティーを飲んで休む。

Dsc_0349
また吊橋!こっちの方が短い。

Dsc_0351
棚田とチョムロン。チョムロンは最後の大きな集落だ。

Dsc_0369
シヌワにて、笑顔のおばちゃんとAさん。この後20ルピーぼられる。写真代?

Dsc_0370
自分。猫背。

さらに2,450mまで単調な登りのあと、少し下るとバンブーである。標高は2,300mを切る位で、周囲にはやはり竹が多い。ロッジが何件かあり、お茶と行動食で昼食をとる。
更に1時間歩くとドバンに到着。この辺まで来ると結構寒くて、あまり汗をかかなくてすむ。一応、目標はこのドバンまでだったが、余裕があるので明日に備えてヒマラヤホテルまで2時間ぐらい歩くことにする。
ドバンからヒマラヤホテルの途中では、白毛で顔の黒いサルの群れにあったり、植生がジャングルっぽくなったり、祠があったり、変化がある。

Dsc_0395
おさる

Dsc_0404
祠アップ。リンガを祭っている。ここから上は肉類は持ち込まないらしい。

祠で休憩して更に登って、16時前、2,900mのヒマラヤホテルに到着。ロッジは2軒で片方だけやっていた。
僕らのあとから続々と人が到着し、20人ぐらいになっただろうか。夕食はやっぱりダルバート。というか、下山まで毎日ダルバートを食べていた。
ここの飼い犬なんだか、犬がうろうろしていた。

Dsc_0409
ヒマラヤホテル。場所の名前なんだかロッジの名前なんだか分からない。

■12/27
今日は、いよいよ核心部のMBC(マチャプチャレ・ベース・キャンプ)まで行く。
ヒマラヤホテルから、1時間歩くとヒンク・ケイブというなんと言うこともない大きな岩がある。その辺まで行くと、川が氷結していて寒々しい。

Dsc_0431
凍ってるね。

ヒマラヤホテルから1.5時間ぐらいでデオラリ到着。デオラリを過ぎると谷が狭まってきて、いよいよと言う感じだ。右手の崖の切れ目からはマチャプチャレが間近に見えるが、近すぎてまたすぐ見えなくなる。

Dsc_0476
右手にマチャプチャレがでかい。

Dsc_0478
いよいよ核心部、サンクチュアリへ!

標高も高くなってきて登りは息が切れるが、比較的緩やかな傾斜である。河岸をしばらく歩いて、展望が開けてきたなと思ったら、昼頃、MBCに到着。標高3,700m、やはり体が重い。

Dsc_0497
数軒あるロッジの一つだけが手前にあって騙されるが、泊まるのはもう少し先である。

午後は、モレーンの上を散策する。MBCはモレーンの上に乗っかっていて、崖が切れ込んでいるが、まだ氷河は見えない。マチャプチャレの迫力がすごい。アンナプルナ・サウスまでは少し距離があるが、ここからでも大きく見える。天気がよい。若干頭痛。

Dsc_0513
MBCで休憩。

Dsc_0558
MBCにて。少し上から。

Dsc_0601
マチャプチャレの夕焼けとキノコ雲

夜もよく晴れて、星が撮れた。

Dsc_0616
当然、ダルバート

Dsc_0681
マチャプチャレと登るオリオン座。寒くて登りきるまで待てなかった。上の方には昴。

■12/28
いよいよ、ABCである。8時出発。写真を撮りながらゆっくり登る。4,000mを超えてるのになぜか犬がうろうろしている。ロッジやトレッカーに食べ物をもらってるようだ。

Dsc_0746
マチャプチャレの陰から日の出

Dsc_0754
なぜ犬が!?

Dsc_0755
ABC手前。下の方のABCや人と比べるとアンナプルナ・サウスの存在感がすごい。

Dsc_0779
看板がお出迎え

ABCには10時に到着。ヘリが飛んでいる。荷物運びかと思ったら、片道はヘリ、というのもあるようだ。
ABCは標高4,100m。モレーンの縁沿いに氷河を覗いたりしながら、4,270mまで登って見た。アンナプルナ・サウスの氷河が直下に見える。しかし、温暖化の影響か、氷河はかなり後退しているようだ。世界10位の高峰アンナプルナ(8,091m)はなだらかな峰で、ここからだと迫力がない。しかし、今見ている南面からは雪崩で登攀が難しく、初登頂は北面からだったそうだ。

Dsc_0819
自分が立ってしまった後ろにアンナプルナ(8,091m)がある……

Dsc_0839
黙々と登ってみます。振り返るとABCが遠い。

Dsc_0871
最高到達地点。

Dsc_0888
アンナプルナから手前氷河。一部氷河湖が顔を出している。

昼ごはんにVeg. Noodle Soupに持参のささみ燻製を入れたのをすすっていると、続々と人が上がってくる。泊まる人、そのまま下山する人などさまざまである。やっぱり頭痛があるので、ロキソニンを飲んで歩き回ったりする。眠い。

Dsc_0894
チベットでも見たな。ほんとにお湯が沸くのだろうか。

日の入りは1720頃であった。アンナプルナは位置的に朝日、夕日がいまいちで、マチャプチャレやアンナプルナ・サウスの方が絵になるようである。
夜もよく晴れて、また星を撮る。寒い。

Dsc_0946
アンナプルナと天の川。ロッジが電気を消さないので、赤っぽくなってしまう。

■12/29
今日から下山。デウラリ、ヒマラヤホテルで小休憩、ドバンで昼食、14時にはバンブーに到着。やっぱり下りは速い。日光で暖めたやつじゃなくて、ガスのホットシャワーが出ると聞いていたので、バンブーに泊まることにしていたのだ。ホットシャワーを浴びてさっぱりする。

Dsc_0982
バンブーにて。

日が落ちるとさすがに寒くなる。湯冷めをしないようにしないと。

■12/30
バンブーから少し登り返して、シヌワまで下る。吊橋までもう一下りの後、今度はチョムロンまで石段の急登である。ACAPのチェックポストで登録をして、休んでからジヌーまで下る。これも急で、アップダウンの多い日だ。

Dsc_1001
シヌワあたりから。対岸のチョムロンへは一度川まで下る。

行きに昼食を取ったロッジにチェックインして、温泉に行く。100ルピーのチケットを買って、ジャングルの中の階段を15分下ると、石造りの大きな湯船が川岸に3つ並んでいる。パイプで引いた打たせ湯のようなものもあり、体も洗える。着替える場所があり、パンツをはいたまま入る。お湯はぬるめでゆっくり入る。道中あった日本人はみんな温泉に来ていたようだ。ガイドも日本人と見ると連れてくるのだろう。

■12/31
さて、最終日。ニューブリッジまで下り、行きに渡った吊橋は渡らずにガンドルン側(右岸)の登山道を下る。バスがこっちの方に入ってくるので、そのうち右岸側がメインルートになるかもしれない。道中に出会った人でも右岸側から登ってくる人が多かった。僕らは過去に来ている分、それ引きずられて情報が古いのだ。

Dsc_1018
ニューブリッジの分岐

ガンドルン-ランドルンの間の集落を抜けて、最後のシワイの手前はジープ道を歩く。シワイまで3時間、11時に到着。

Dsc_1025
ゴール!

乗合ジープもいたが、ちょうどバスが来たので、バスに乗る。300ルピー。幸い途中で座れたが、時間がかかるのでジープの方がよいと思った。バスの中まで埃っぽくて、喉が痛い。
ポカラのレイクサイドまではローカルバスに乗り換えて入ろうとしたが、お祭り(ニューイヤーフェスタ)をやっていて車が入れず途中で降ろされる。遅めの昼食は日本食屋で祝杯をあげる。

Dsc_1027
生姜焼きっぽいけど、鳥の照り焼きだったと思う。

お祭りは、屋台が道沿いにたくさん並んでいるが、たいしたものを売っているわけではない。とにかく人出がすごく、供給過多のポカラの宿も、この日ばかりは混んでいるようだった。

Dsc_1036
夜はもっと人出が多かった。

201612ネパール その3

■1/1
予備日。ペワ湖の島のヒンズー寺院に初詣に行こうと思ったが、ボート乗り場が異様に混んでいて諦める。誰も彼も考えることは同じだ。
喉が痛いので、おとなしくカフェや土産物屋をぶらぶらしたり、のど飴を買ったり。

2
大量ののど飴。現地の人も喉を痛めるのだろうか。

夕方、少し雨が降った。山の上は雪が降ったらしい。夕食はネパール料理屋でカレーのセットメニューを食べるが辛い。ダルバートぐらいでちょうどいいようだ。

■1/2
タクシーでポカラの空港に行くと、イエティエアが随分フライト時間を前倒して飛ぶらしい。遅れるばかりだと思ったがこんなこともあるのか。
ずっと喉が痛いので、タメルで大量にのど飴を買い込む。あまり声が出せない。
夜はまたギリンチェに行ってタントゥク。猫になつかれて嬉しい。

1
うれしい。

■1/3
昼のフライトでカトマンズからバンコクへ。ネパールからタイまでくるとほっとする。15年前の初訪問から、ネパールは政争や地震(の所為ばかりではなかろうが)でほとんど発展がないが、タイはもう東京と変わりない。前回と同じサムラン・プレイス・ホテルに泊まり、近くの海鮮料理屋でトムヤムクンなど飽食。

3
タイ飯うまいよ~。この辺、スマホで撮ってるので縦長である。

■1/4
8時発のフライトなので、早朝からタクシーを呼んでもらって、スワンナプームへ。
粛々と帰国である。成田からは快速のグリーンに乗ったが、暦では仕事初めなので途中からグリーンも満席になるぐらい混んできてげんなりである。

帰国後もしばらく咳が続いて難儀している。

その他のカテゴリー

インデックス 【国内】 200802入笠山 200803水上 200804香川 200805大平宿 200806平標山・仙ノ倉山 200807仙丈・甲斐駒 200808三斗小屋温泉 200810奥鬼怒日光澤温泉 200811天城山 200812大平宿 200812谷川岳 200903裏磐梯・大内宿 200904三頭山 8年ぶり二回目の屋久島(200904) 200909大平宿 200911 庚申山荘・足尾銅山 201002 山形蔵王 201003八ヶ岳 201007熊野古道 201009涸沢 201010安達太良山 201104赤城山(黒檜山) 201106 両神山 201107北岳 201108東北 201109蓼科山 201110霧積温泉、鼻曲山 201203北八ヶ岳 201205高野山 201208白馬岳 201210秋山郷・鳥甲山 201301日光澤温泉(再) 201304笠取山・飛竜山 201307白砂山 201308鳳凰三山 201308知床 201402高峰温泉 201407赤水渓谷 201408北アルプス表銀座 201411鬼怒沼 201412天狗岳 201501上高地 201502大平宿 201502硫黄岳 201503雲取山 201504小笠原 201602八幡平 201605山陰 201607飯豊山 201608南会津 201702蔵王 201705檜枝岐 201710苗場山 201711雲取山 201711岐阜 201802蔵王 201802網走 201905四国 【海外】 200809ラダック 200901インドネシア 201004オランダ・ベルギー(前半) 201004オランダ・ベルギー(後半) 201012ランタン 201211ケアンズ皆既日食 201404スリランカ・バンコク 201509インド 201612ネパール 201712ベトナム 201911チェンマイ 【まとめ】 境界線を行く(ヒマラヤ編) 家で焚き火(大平宿総集編) 【その他】 リーマンの会 香港→シンガポール計画