カテゴリー

201504小笠原

201504小笠原その1(4/28-29)

2015年のGWは初めて小笠原に行ってきた。

 

4/28出発、5/6帰着。片道25時間かかるので、現地は6泊である。

 

小笠原に行くには「おがさわら丸」に乗るしかない。宿もキャパシティが限られている上にキャンプ禁止なので、おが丸のチケット解禁日の前におさえたが、ハイシーズンは一人客お断りとか言われてちょっと気分が悪かった。おが丸のチケットは小笠原海運に電話をかけるしかないのだが、2等船室だけコンビニの端末でオンライン予約ができるので、受付開始時刻にすぐ往復予約を入れた。穴かもしれない。

 

 

■4/28-29
10時に竹芝桟橋を出航。2等は雑魚寝で狭いが区画整理されている。

1dsc02388
羽田で飛行機の下をくぐる

羽田の飛行機発着やうみほたるぐらいは外で眺めていたがだんだん飽きてきて、寝たり起きたり食堂で何か食べたり、また寝たりして時間をつぶし、翌4/29の昼頃に父島の二見港に到着した。
2dsc02403
乗ってきた船が帰るところ
最初の三泊はケチってユースホステルに泊まることにしていたので、チェックインして荷物を置いて、早速行動開始。

初日は薄曇り。まずビジターセンターで動植物の説明書きをみる。小笠原は一度も大陸と一体化したことがないので、固有種が多いのだ。たまたま30分ぐらい散歩して鳥や植物の説明をしてくれるイベントをやっていたので参加する。人に聞くと分かった気になる

その後、近くの大神山公園の展望台まで登ってみる。二見港あたりの集落が一望できる。足元ががさががさするので何かと思ったら、早速オカヤドカリがいたりする。

3dsc02405
展望台の下の神社には土俵が。

4_dsc9263
港の枝珊瑚の群生

5dsc02411
オカヤドカリ

夕方にかけて、サンセットポイントであるウェザーステーション展望台から三日月山方面に歩きに行ってみる。三日月山は特筆すべきことはないが、ウェザーステーションからはクジラがみえてテンションがあがる。雲が厚く夕日は拝めず。

6_dsc9289
絶好のビューポイントだが夕日はおあずけ

宿に戻って車座に座って自己紹介など、古式ゆかしいYHの儀式に参加して寝る。

201504小笠原その2(4/30-5/1)

■4/30
この日は一日、小笠原観光の船ツアーに参加する。

1map1bmp
航路。

9時前に小笠原観光に集合し、ウェットスーツを装着。シュノーケル三点セットとウェットスーツは料金に込みである。度付きの海中めがねも+500円で借りられるのはよかった。
ツアー船は結構大きくて、暖かい飲み物やトイレもしっかりついていた。この日はほぼ満員の20人ぐらいだろうか。

2_dsc9292
これぐらいの船。

日によって順番は違うらしいが、この日はまず兄島の海域公園に停泊してシュノーケリング。いきなりきれいで魚も多い。
しばらく泳いだら、クジラを探しながら南島に移動する。クジラは昨日も見えていたので期待が高かったが、ちらほら潮吹きして尻尾を上げて潜る姿を見ることができた。

1_dsc9316
クジラ早速。

2_dsc9321
尻尾を上げたら数十分潜る。

南島は保護地区なのでガイド付きのツアーでしか上陸できない。ネムリブカの眠る湾から上陸し、よく絵葉書なんかになっている扇池や、昔絶滅したカタツムリの半化石を見たりなんかした。カツオドリがびゅんびゅん飛んでいる
3_dsc9358
ネムリブカ

4_dsc9368
お約束の扇池

5_dsc9389
昔のカタツムリ

6_dsc9407
扇池外から。

その間に船はイルカを探しにいっていて、幸い見つけられたようなので、次はドルフィンスイムである。一隻あたり5回までのエントリと自主ルールが決められているそうで、イルカを見つけたら機会を逃さず海に入る。この日は気分が乗らないのかすぐ泳ぎ去ってしまうイルカが多かったが、それでも間近に見ると楽しいものがある。

3_dsc9410
イルカ待ち

4_dsc9427
イルカと泳ぐ

5_dsc9442
群れでいた。

持ってきた弁当を湾内で食べて、またクジラをみてから、帰港。

6_dsc9473
戦時中の銃眼。いっぱいある。

7_dsc9485
千尋岩
8_dsc9504
ザトウクジラはシーズン終わりかけとのことだったが結構いた

■5/1
この日は雨である。

予定も入れてなかったので、午前中は集落をぶらぶらして、午後小降りになったタイミングで二見港の裏側の宮之浜から釣浜にかけての遊歩道を歩く。濡れたブーゲンビリアや変なカタツムリが南洋っぽい。

1dsc02435
ブーゲンビリア


水産センターで海がめなどをみたり、島魚バーガー(メカジキ)を食べたり。

1dsc02462
サメバーガーとかもあった。食べなかったけど。

201504小笠原その3(5/2-3)

■5/2
雲はあるがまずまずの天気。この日から二泊、扇浦の近くの宿に移動する。バスで行ってみると、ほんとに目の前が海である。荷物を置いてジョンビーチ方面に歩きに行く。

1dsc02469
宿はRockwells

まず舗装道路を歩いてコペペ海岸に出る。早速きれいである。

2dsc02473
コペペ海岸

小港海外まで崖を高巻いて登り降りする。暑いが、降りた先の小港海岸が美しい。たぶん見た中では一番きれいなビーチだったと思う。小港海岸では今年も既に海がめの産卵があったとのことで、足跡もたくさんついている。

3dsc02476
小港海岸

4_dsc9542
海がめの足跡

そこから中山峠まで登ると、山の手に南国の森が鬱蒼と茂っているのが見渡せる。

5dsc02485
中山峠

6dsc02487
お約束

ブタ海岸まで降りて森の中の遊歩道をテクテク歩いていくと、大き目のネズミ捕りがたくさんおいてある。クマネズミもいたのでネズミを捕るのかと思ったら、野生化したノネコが天然記念物の鳥を食べてしまうので、ノネコを捕獲するものらしい。たくましい。捕まえたネコは内地で飼い主を探すそうである。

1_dsc9566
ネコ捕獲用!

昼過ぎにジョンビーチに到着。沖合いに船が停泊しているが人っ子一人いない。みんなツアーに参加しているのだろうか。昼飯を食べたり、カニやハゼを追い掛け回したりして遊ぶ。

2dsc02498
ジョンビーチ

4_dsc9575
ハゼたくさんいた。

5_dsc9585
外来種グリーンアノール

6_dsc9591
野生化したヤギ

帰りは高山の展望台を廻ったが、そこからクジラが見えた。遠くから大生物を見ている所為かスケール感がおかしくて最初イルカかと思ったら船ぐらいの大きさがあった。

7_dsc9596
親子かな

8dsc02505
昨日の南島

小港海岸からはバスに乗って扇浦に戻る。
夜、地震があって津波注意報が出たらしいが、熟睡していたので翌朝のメールで気がついた。
■5/3
ひたすらシュノーケルで泳ぐ日。
この辺には沈船がたくさん沈んでいる。水上に見えるのは境浦だが、宿の前の扇浦にも沈んでいるそうで、ポイントを教えてもらう。
ウェットスーツを借りて、まずは境浦に行ってみる。漁礁になっていて魚がたくさん泳いでいる。相変わらず人はいない。

1dsc02521
境浦の沈船

2dsc02522
説明板

3dsc02523
同じ船

干潮時分に扇浦に戻って泳いで見る。大潮の干潮なので、3mぐらいのところに船が沈んでいるのが見える。また、ビーチの両サイドの岩場に魚がたくさんいた。宿の人はこの日海がめがいたといっていたが残念ながら遭えず。

9_dsc9607
メジロたくさんいた。かわいい。

201504小笠原その4(5/4-6)

■5/4

宿の車で港に送ってもらい、母島丸に乗って母島に渡る。2時間ぐらいで母島に到着。非常にこじんまりした集落である。

 

01dsc02533
ははじま丸

 宿に荷物を置いて、港の観光協会に行ってから父島・母島の最高峰である乳房山に行く。

1map2bmp
4時間弱ぐらい。暑いので朝登ったらいいと思う。

海抜0mからなので急登で暑い。タコノキやオオシマワタリ、ガジュマルなどの南国の植物が父島より濃いようである。また、爆弾の後や塹壕など戦時中の遺構もいろいろ残っている。山頂はガスっていて展望はよくない。少し降りたところの休憩所に固有種のメグロがたくさんいた。

02_dsc9631
爆弾の跡だそうです。

 

03dsc02539
これ。

 

06dsc02561
山頂

 

07_dsc9659
ガスってた。

 

08_dsc9670
少し降りたところ。南側の海岸線が複雑。

 

09_dsc9685
メグロ。固有種。

 

10_dsc9718
なんか戦時中のやつ。

もうちょっと日数があったらこじんまりした母島でゆっくりしたい。

11_dsc9750_2
だいぶ錆びてる。

 

■5/5
帰りのははじま丸の出航のお見送りからたくさん人が出ている。観光協会のおじさんが太鼓を叩いたり、宿のお姉さんが岸壁からダイブしたり。船からまたクジラも見えた。

12dsc02615
左の方が宿のお姉さんだった。

 

父島からのちちじま丸も、連休の客をたくさん乗せているだけあって、派手なお見送りだった。太鼓の演奏や旗振りの後、船が離岸してからもツアー船で30分ぐらい追いかけてきて、順番にちちじま丸に近づいてきてダイブするのだ。常連客によるとこの順番も毎回決まっているらしい。

13dsc02638
さらば。

 

14dsc02660
見送り船団

 

 

帰りの船中は完全にすることも無いので、ゲームしたり本読んだり。乗り換えとかイミグレがない分、飛行機より楽な気がする。特に揺れることも無く、翌5/6の15時過ぎ、竹芝桟橋に到着した。
来年、ちちじま丸とははじま丸が新しくなるそうで、25.5時間の行程23時間に短縮されるとのこと。誤差のような気がするが。
楽しかったがハイシーズンの一人旅はなかなか面倒なので、次は空いている時期に行きたい。

その他のカテゴリー

インデックス 【国内】 200802入笠山 200803水上 200804香川 200805大平宿 200806平標山・仙ノ倉山 200807仙丈・甲斐駒 200808三斗小屋温泉 200810奥鬼怒日光澤温泉 200811天城山 200812大平宿 200812谷川岳 200903裏磐梯・大内宿 200904三頭山 8年ぶり二回目の屋久島(200904) 200909大平宿 200911 庚申山荘・足尾銅山 201002 山形蔵王 201003八ヶ岳 201007熊野古道 201009涸沢 201010安達太良山 201104赤城山(黒檜山) 201106 両神山 201107北岳 201108東北 201109蓼科山 201110霧積温泉、鼻曲山 201203北八ヶ岳 201205高野山 201208白馬岳 201210秋山郷・鳥甲山 201301日光澤温泉(再) 201304笠取山・飛竜山 201307白砂山 201308鳳凰三山 201308知床 201402高峰温泉 201407赤水渓谷 201408北アルプス表銀座 201411鬼怒沼 201412天狗岳 201501上高地 201502大平宿 201502硫黄岳 201503雲取山 201504小笠原 201602八幡平 201605山陰 201607飯豊山 201608南会津 201702蔵王 201705檜枝岐 201710苗場山 201711雲取山 201711岐阜 201802蔵王 201802網走 201905四国 【海外】 200809ラダック 200901インドネシア 201004オランダ・ベルギー(前半) 201004オランダ・ベルギー(後半) 201012ランタン 201211ケアンズ皆既日食 201404スリランカ・バンコク 201509インド 201612ネパール 201712ベトナム 201911チェンマイ 【まとめ】 境界線を行く(ヒマラヤ編) 家で焚き火(大平宿総集編) 【その他】 リーマンの会 香港→シンガポール計画