カテゴリー

201502硫黄岳

201502硫黄岳

2/28、3/1の週末で、夏沢鉱泉から硫黄岳に登ってきた。

写真

茅野駅から夏沢鉱泉の送迎車に乗り、三井の別荘地の奥で雪上車に乗り換え、桜平から歩いて、11時過ぎに夏沢鉱泉に到着。土曜日は天気がよくて、鉱泉前から北アルプスが見えた。
日曜は天気が悪い予報だったので、荷物を置いてすぐ硫黄岳に登ってしまうことにした。
オーレン小屋を過ぎると、夏沢峠まで直近のトレースがなかったが動物の足跡が代わりについていた。この辺は勾配はあるものの、スノーシューも楽しそうだ。
夏沢峠に出ると、硫黄岳の爆裂火口が良く見える。ここから傾斜が急になる。幸い風は強くなかったので良かったが、薄い雪の下は固い氷になっていて、アイゼンが効かないとちょっと怖い。エビの尻尾が風の強さを物語っている。
コンディションがよいのでさくさく登り、硫黄岳山頂には15時前に到着。目の前の赤岳方面がやっぱりかっこよい。天狗岳に、蓼科山の向こうには北アルプスが見える。御嶽山からはまだ噴煙が上がっていた。景色を十分堪能して、夕食直前の17時前に夏沢鉱泉に戻った。
夕食は、八ヶ岳産の猪肉の鍋を中心に、山小屋としてはかなり豪華だった。デザートにアイスもついた。お風呂も洗い場もちゃんとしてて気持ちよい。モンベルのツアーが入っていて混んでいたのか相部屋だったが、狭いということも無かった。夜、宿の主人の友人だというテノール歌手がエーデルワイスなどの歌を歌うサービスをしていた。
翌日はあまり天気がよくないが、根石岳に行ってみることにした。8時過ぎにでて、オーレン小屋で昨日のルートから分かれてトレースを辿っていくと、戻ってくるモンベルツアーに出会った。彼らも根石岳に行ったらしい。根石小屋で休憩してから、10分ぐらい登ったらすぐに根石岳に到着した。11時。天狗岳が目の前にみえてこっち側からも行ってみたいが、風が強いのと時間がないので今日はここまでにして、小屋に戻って昼食のカレーを食べる。
15時に帰りの雪上車に乗って、逆ルートで帰還。
新しいアイゼンの調子もよく、一日目の天気も良かったので大変楽しかった。
夏沢鉱泉は12000円とちょっと高いが、送迎つきなので悪くないと思う。ただ、一泊だと行き先が限られてしまうので、ルートは反対側に降りるとか考えたほうがいいかも。

その他のカテゴリー

インデックス 【国内】 200802入笠山 200803水上 200804香川 200805大平宿 200806平標山・仙ノ倉山 200807仙丈・甲斐駒 200808三斗小屋温泉 200810奥鬼怒日光澤温泉 200811天城山 200812大平宿 200812谷川岳 200903裏磐梯・大内宿 200904三頭山 8年ぶり二回目の屋久島(200904) 200909大平宿 200911 庚申山荘・足尾銅山 201002 山形蔵王 201003八ヶ岳 201007熊野古道 201009涸沢 201010安達太良山 201104赤城山(黒檜山) 201106 両神山 201107北岳 201108東北 201109蓼科山 201110霧積温泉、鼻曲山 201203北八ヶ岳 201205高野山 201208白馬岳 201210秋山郷・鳥甲山 201301日光澤温泉(再) 201304笠取山・飛竜山 201307白砂山 201308鳳凰三山 201308知床 201402高峰温泉 201407赤水渓谷 201408北アルプス表銀座 201411鬼怒沼 201412天狗岳 201501上高地 201502大平宿 201502硫黄岳 201503雲取山 201504小笠原 201602八幡平 201605山陰 201607飯豊山 201608南会津 201702蔵王 201705檜枝岐 201710苗場山 201711雲取山 201711岐阜 201802蔵王 201802網走 201905四国 【海外】 200809ラダック 200901インドネシア 201004オランダ・ベルギー(前半) 201004オランダ・ベルギー(後半) 201012ランタン 201211ケアンズ皆既日食 201404スリランカ・バンコク 201509インド 201612ネパール 201712ベトナム 201911チェンマイ 【まとめ】 境界線を行く(ヒマラヤ編) 家で焚き火(大平宿総集編) 【その他】 リーマンの会 香港→シンガポール計画