カテゴリー

« 201504小笠原その2(4/30-5/1) | トップページ | 201509インド その3(帰路) »

201504小笠原その1(4/28-29)

2015年のGWは初めて小笠原に行ってきた。

 

4/28出発、5/6帰着。片道25時間かかるので、現地は6泊である。

 

小笠原に行くには「おがさわら丸」に乗るしかない。宿もキャパシティが限られている上にキャンプ禁止なので、おが丸のチケット解禁日の前におさえたが、ハイシーズンは一人客お断りとか言われてちょっと気分が悪かった。おが丸のチケットは小笠原海運に電話をかけるしかないのだが、2等船室だけコンビニの端末でオンライン予約ができるので、受付開始時刻にすぐ往復予約を入れた。穴かもしれない。

 

 

■4/28-29
10時に竹芝桟橋を出航。2等は雑魚寝で狭いが区画整理されている。

1dsc02388
羽田で飛行機の下をくぐる

羽田の飛行機発着やうみほたるぐらいは外で眺めていたがだんだん飽きてきて、寝たり起きたり食堂で何か食べたり、また寝たりして時間をつぶし、翌4/29の昼頃に父島の二見港に到着した。
2dsc02403
乗ってきた船が帰るところ
最初の三泊はケチってユースホステルに泊まることにしていたので、チェックインして荷物を置いて、早速行動開始。

初日は薄曇り。まずビジターセンターで動植物の説明書きをみる。小笠原は一度も大陸と一体化したことがないので、固有種が多いのだ。たまたま30分ぐらい散歩して鳥や植物の説明をしてくれるイベントをやっていたので参加する。人に聞くと分かった気になる

その後、近くの大神山公園の展望台まで登ってみる。二見港あたりの集落が一望できる。足元ががさががさするので何かと思ったら、早速オカヤドカリがいたりする。

3dsc02405
展望台の下の神社には土俵が。

4_dsc9263
港の枝珊瑚の群生

5dsc02411
オカヤドカリ

夕方にかけて、サンセットポイントであるウェザーステーション展望台から三日月山方面に歩きに行ってみる。三日月山は特筆すべきことはないが、ウェザーステーションからはクジラがみえてテンションがあがる。雲が厚く夕日は拝めず。

6_dsc9289
絶好のビューポイントだが夕日はおあずけ

宿に戻って車座に座って自己紹介など、古式ゆかしいYHの儀式に参加して寝る。

« 201504小笠原その2(4/30-5/1) | トップページ | 201509インド その3(帰路) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。