カテゴリー

« 201404スリランカ・バンコク その6(5/1(木)) | トップページ | 201404スリランカ・バンコク その4(4/29(火)) »

201404スリランカ・バンコク その5(4/30(水))

今日はメインイベント、シギリヤロックである。

朝6時におきて、宿を散歩する。湖沿いの敷地なので水鳥が多い。

1_dsc8163
ハバラナ湖畔を朝の散歩。

ハバラナからシギリヤへは直行のバスはないので、トゥクトゥク乗り場で聞いたら往復1,500RsでOKとのこと。昨日バスに乗ってきたダンブッラ-ハバラナの幹線道路ではなく、少しポロンナルワ方面に行ったところからシギリヤに直接行く道があり、細い道だがきれいに舗装されている。

1_dsc8177
トゥクトゥクにて。

駐車場で待っててもらうことにして、チケットを買って入場である。正面にシギリヤロックを見ながらまっすぐ道がついている。

1_dsc8184
正面から。

でかい岩をくぐり、金網で囲われた螺旋階段を登るあたりで渋滞気味になる。この上に美女の壁画があるのである。外に露出してる割にきれいに残っている壁画を見て、岩沿いにぐるっと廻って、ライオンの門の前の広場で休憩する。ライオンの門はあんまりライオンっぽくない。気がつかなかったが蜂の巣があるので、この辺では騒いではいけないらしい。

1_dsc8204
渋滞。

1_dsc8219
シギリヤの美女の壁画。

1_dsc8236
見た目ほどは怖くない。

1_dsc8237
強い日差しの跳ね返りがライトみたいにみえる。

1_dsc8241
ライオンの門のところ。平らなところがないので、やっと一休み。

ここからもうひと登りで頂上に到着する。
狂王の宮殿跡だというが、頂上には基壇以外ほとんど何も残っていない。ただジャングルの景色が広々しているだけである。暑いが木陰に入ると風が気持ちいい。どこでも午後になると暑くなるので、遺跡は午前中にくるべきだろう。

1_dsc8252
頂上の王宮あと。つわものどもが夢の跡。

1_dsc8254
見晴らしは良い。

2_dsc8267
唯一の木陰。

5_dsc8277
王のプール、だったかな?右端の人がなぜかモデル風。

3_dsc8269
エントランス方面。

6_dsc8284
降ります。

シギリヤロックを降りて、トゥクトゥクでハバラナに戻る。交差点を駅の方に少し行ったゲストハウスで昼食を食べる。ハバラナはほんとに外食するところがない。店主と話をしていたら、サファリのアレンジもしてくれるというので、午後に7,000Rs(ジープと国立公園の入場料)で頼むことにした。一人でもOKである。キャンディで象の孤児院にいけなかったのでエレファントサファリには行きたかったので嬉しい。

ホテルの部屋に戻り、小一時間昼寝。2時半におんぼろジープが迎えに来た。三菱の25年ものだという。

1_dsc8296
ホテル。こんな感じのコテージが広い敷地にたくさん建っている。

2_dsc8299
おんぼろw

ポロンナルワ方面に南下して、ミネリヤ国立公園に入る。サファリには数台ジープが連なっていくが、一番ぼろい。しかし、一人貸切である。

入るといきなり象の群れがいてびびる。しばらく森の中を走り、道がどろどろになるとすぐ湖畔に出た。野性のクジャクやその他きれいな鳥がいる。ダートを走っていくと象の群れ発見。20頭ぐらいいるだろうか。ずっと草を食べている。草を器用に鼻で巻いて、足にたたきつけてから口に運んでいる。

1_dsc8317
ミネリヤ湖畔のダートをジープが連なって走る。サファリっぽい。

3_dsc8316
きれいな鳥。

1_dsc8338
象の群れ!

3_dsc8377
がぶー。

2_dsc8355
ずっと草食べてた。

4_dsc8387
水墨画的な景色。

5_dsc8396
文字通り水牛。

そうした象の群れをいくつか見て、湖畔の水牛やフラミンゴなどを眺めて戻る。

さっきのゲストハウスで、カード(ヨーグルト)と、ワッタラッパンというデザートを食べる。旨い。

夕食はスーパーで、またヨーグルトとパン的なものを買ってきて、紅茶で食べる。昨日頼んだ洗濯物が出来てきた。今日は物事がとんとん拍子に進んでよかった。

ネットにつないでみんなの状況を確認したところ、S君がバンコクに入ったようである。

« 201404スリランカ・バンコク その6(5/1(木)) | トップページ | 201404スリランカ・バンコク その4(4/29(火)) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。