カテゴリー

« 2012年ケアンズ皆既日食 その2(11/11) | トップページ | 2012年ケアンズ皆既日食 その0 »

2012年ケアンズ皆既日食 その1(11/9,10)

11/9(金)のフライトは成田2010発のジェットスターである。成田空港のチェックインカウンターは長蛇の列である。平日発だが既に日食ツアーの姿もちらほら見られた。

夜便なので、寝ているうちにケアンズには11/10(土)の早朝5時前に到着した。すぐ移動しても町が動いてないのと、非常に眠いので、8時ぐらいまで空港で仮眠した。

空港から町へのバスは、フライトにあわせて運行しているので、一眠りして起きたら国際線ターミナルからのバスはちょうどない時間だ。500mほど先の国内線ターミナルに移動してバスに乗る。町まで10ドル。

ケアンズ前半の宿は、「Caravella Backpackers」である。行ってみると予約が入ってないという。その日はそのままクランダに観光に行くつもりだったので、荷物を預けて戻るまでに部屋を準備してもらうことになった。ケアンズはまだよいが、カウベイなど観測地の予約が入ってないと困ったことになるなと思う。

10時前にピックアップのバスが来て、スカイレールの駅まで連れて行ってくれる。所要30分ぐらいである。スカイレールというのは、熱帯雨林の上を通っているロープウェイである。これに乗って、途中2回乗り換えて、遊歩道を歩いたり滝を見たりするのだが、乾季に入っていて滝の水量も少ないので迫力がまったくない。

_dsc3092
もうちょっと行くと完全に森の上を走る。

クランダは、昔の鉱山跡を観光開発したそうで、海以外ではケアンズのお約束の観光地であるが、ありふれた土産物屋が並んでいるばかりでつまらない。眠くて行かないでしまったが、テーマパークがあるようなので、そういうのが好きならそれなりに楽しめるのかも知れない。

_dsc3109
一応、コアラぐらい見た。別料金で抱いて写真が撮れる。

帰りは、クランダシーニックレイルウェイである。世界の車窓からのオープニングになっていたので、日本では特に有名である。こちらはまずまずだったが、とにかく眠くて寝てしまった。クランダセントラル駅に到着。

_dsc3146
クランダ駅

_dsc3164
某車窓からっぽく。

駅はショッピングセンターとつながっており、フードコードで夕食をとった。でかいスーパーもあり、何かと便利そうである。

ケアンズは広くないので宿まで歩き、無事用意されていた部屋にチェックインして、シャワーを浴びて寝る。そんなに面白くもないが長い一日であった。

« 2012年ケアンズ皆既日食 その2(11/11) | トップページ | 2012年ケアンズ皆既日食 その0 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。