カテゴリー

200901インドネシア

200901インドネシア その1(1/1)

2009年の年始はインドネシアに行ってきた。

写真。

9月にインドのラダックに行ったのだが、それなりにボリュームがあったので、こんどは大人しいところにしようと思ったのと、こちらの方が重要だが、アジアで行ってない数少ない国の一つなので、塗りつぶしてこようと思ったのだ。

大晦日に千葉の実家によって、犬を撫でたりTVを見たりして年を越し、元旦の午前中の便でKLへ飛んだ。アジアのトランジットはタイの空港がいまいちになったので、食事がうまいKLでの乗り継ぎが定番になりつつある。マレーシア航空はNWとマイル提携している、というのもある。勿論、直行便が高かった、というのが最大の理由だが。

黒川紀章設計のKLIAのトランジットホテルに泊まろうと思ったが、スルーでチェックインできなかったので中に入れず、空港の椅子で寝ることになった。30分おきに目が覚めたが、意外と寝られた。

200901インドネシア その2(1/2)

東京とKLは時差一時間。そこからジョグジャカルタに飛ぶのだが、さらに時差が一時間ある。

ジョグジャカルタの空港には11時前に到着。両替して、タクシーでホテルまで移動する。空港バスがないので、割高感がある。

ホテルは日本から予約したインナガルーダ。ガルーダインドネシア航空の系列だ。ホテルにあるガルーダ航空のオフィスで、バリ島往復のフライトを予約。日本円で一万円ぐらい。格安航空会社に比べると高いが、安全にはかえられない。

KLIAで変な寝方したので、ホテルでいきなり寝たら変な夢をみた。

目抜き通りのJL.マリオボロに面しているので、ちょっと歩いてみるが、食べ物屋が少なく面白くない。コンビニのサークルKが何故かたくさんある。コーラ500mlで6kRP。物価は日本の半分ぐらいとあたりをつける。

夕方から夜にかけて雨。そういえば、雨季なのだ。

200901インドネシア その3(1/3)

8時に起きた。

朝食の後、タマン・サリという王宮跡を見に行く。
午前中は晴れていて、外に出ると暑い!すっかり日焼けしてしまった。

Dsc_0003_4 タマンサリ周辺

Dsc_0015 タマンサリ。変な顔。

午後は、ボロブドゥールに移動する。
マリオボロ通りのバス停から、3Aのバスに乗ってギワガンバスターミナルに行く。道が混んでいて30分ぐらいかかった。
そこから、ボロブドゥール行きのバスに乗って2h弱。20kRP。

Dsc_0027 バスターミナル

ボロブドゥールでは、遺跡の中にあるマノハラというホテルに泊まった。思ったより全然いいホテルだ。遺跡の2日分の入場料もホテル料金に含まれているし。食堂からもボロブドゥールがよく見える。ボロブドゥール紹介の映画をつけてもらったが、途中寝てしまった。

Dsc_0037 ボロブドゥール

Dsc_0056 上から

Dsc_0060_2 駕籠の中には仏が入ってる。これは出てた。

Dsc_0074 レリーフは説話らしい。顔怖いよ。

Dsc_0075 象。

Dsc_0096_2 マノハラのレストランから。

Dsc_0107  ロビー。

ボロブドゥールにちょっと登って、翌朝のサンライズ・ツアーの申し込みをした。遺跡は6時openなのだが、これに申し込むとそれより早く入れてくれるのだ。150kRP。小さな懐中電灯付き。

200901インドネシア その4(1/4)

4時半にロビーに集合。暗い中、ボロブドゥールへぞろぞろと移動する。上まで登ると、正面に山が二つ見え、一つは噴煙をたなびかせている。雲が多く、日の出はははっきりしないが、段々明るくなってくると周囲の森林帯の様子がナショジオの写真のようでカッコいい。

Dsc_0179

戻ってちょっと寝なおして、朝ごはんを食べた。マノハラはロケーションも設備も良かったので、二泊しても良かったと思った。

8時半のバスでジョグジャカルタに戻り、バスターミナルからバイタクで空港に移動した。20k。空港使用税25k。

バリへは1時間で到着した。空港にはバスがきていないので、エアポートタクシーでウブドのホテルまで直行した。200kほど。この仕組みはタクシー業界が賄賂払ってんじゃないだろうか。

ホテルは、ウブドの中心地からちょっと離れたCahaya Dewataというところである。ここからの景色がよいとの声がネットにあったので、一泊だけすることにしたのだ。実際、レストランからの見晴らしがものすごく良かった。

Dsc_0212 部屋。

Dsc_0222_2 レストランから。

Dsc_0231 コーヒー飲んでみたり。

Dsc_0236 敷地が広い。

Dsc_0243 夕焼け。こんなきれいだったのはこの日だけ。

200901インドネシア その5(1/5)

11時のホテルの送迎バスで、ウブドの中心地に移動し、以後の宿となるチェンダナにチェックインした。プールが二つもあるよ。宿の敷地も緑が多いし、すぐ隣は水田だったりして、いい風情である。

Dsc_0282

Dsc_0285

とりあえずウブド王宮に行ってみるが、ほんの入り口しか入れない。お寺もそこここにあるが、中にはは入れないようだ。

宿のあるモンキーフォレスト通りを南下して、モンキーフォレストに行ってみたが、入場料をとるくせにサルもちょっとしかいないし、どうということもない。

Dsc_0292_2

Dsc_0294

モンキーフォレスト通りをふらふらして、APAという代理店で現地ツアーのことを聞いてみたら、シーズンオフに入っていて申し込み者がいないと言う。最低催行人数が二人とのことなので、ちょっと困った。

観光地だけあって、50mおきぐらいにバイタクの客引きが声をかけてきて鬱陶しい。そこで、Puri Lukisanという美術館に行ってみたらやはり静かで、収蔵品も意外にいいものがあった。3つの建物と庭からなる美術館の雰囲気はいいのだが、展示の仕方とか作品の管理がいまいちだったのが残念。

王宮の前の観光案内所でその夜の踊りの鑑賞チケットを購入。王宮でやるんだと思ったら、隣の集会所的なところだったので残念だったが、踊り自体は迫力があって面白かった。色がきらびやかなのと、動きに切れがある。

Dsc_0331

200901インドネシア その6(1/6)

八時半起床。
宿は朝ごはんが込みなのだが、フレッシュジュース、コーヒー、果物と選択できるメイン(ナシゴレンとかパンとかいろいろ)で、大変美味しい。ナシゴレンは結局この宿のが一番美味しかった。
朝早くおきて、普段食べない朝ご飯も食べてと、日本では考えられない健康的な生活だ。

午前中は歩き方に載っていた散歩コースの2時間ぐらい歩いてみた。雨季だと思って舐めていたら、午前中は日差しがきつく、干からびた。日焼けもしてしまった。
稲を収穫して道の真ん中で干していたりして、長閑だった。後で聞いたところによると、米は二毛作できるらしい。豊かですね。

Dsc_0357 ハノマン?

Dsc_0358 米を干してる。このを車が通ってたり(笑)

Dsc_0361

Dsc_0367

昼は王宮近くの有名な(でも安い)豚の丸焼き屋。といっても丸のまま出てくるわけではなく、切り取った部分なのでチキンライスの豚版のようなものだ。日本からの学生のツアー?みたいな集団もきていた。バリは大人数の方が楽しめるのかも、と何と無く思った。

宿に戻って、持ってきた本を読んだりして過ごす。初心に戻って深夜特急を全巻持ってきたのだが、行きの飛行機で随分読んでしまった少ない残りを読んだ。今読むと隔世の感がある。

夕方前になると、また雨が降る。午前中には晴れていたのが、雲が段々厚く垂れ下がり、重さに耐えられなくなると雨粒が落ちてくるようだ。ひとしきり降ると、曇天ではあるものの、空気が湿り気を帯び、植物が鮮やかに見えて気持ちがいい。
旅行中は移動しっぱなしのことが多いが、ボケーっと雨が降るのを見てるのもいいものだ。すぐに飽きるんだけど。

また旅行代理店に行くが、申込者はないとのこと。タクシーチャーターするとツアーの4倍ぐらいかかるので、二人分払って催行してもらうことにした。貸切もまたよかろう。150kRP×2。

夜は、スマラ・ラティという有名な人のいるグループの踊りを見に行った。有名な人のはいい動きをしているように思ったが、複数人で踊るのは動作がずれてたり、ライティングがあまりよくなかったり、全体的には昨日の王宮の方がいいと思った。

Dsc_0374

Dsc_0382 有名な人。目玉をものすごい勢いで動かしたりしてた。

Dsc_0415

200901インドネシア その7(1/7)

ツアー(笑)は9時発。車が迎えに来た。

最初はゴア・ガジャというお寺。洞窟になってて、奥にご神体のリンガが祭ってある。裏手には小さな滝があったり、大きな木が繁っていたりして、朝も早いので人も少なくいい雰囲気である。

Dsc_0425 イタリアにもこういうのあったな。世界共通?

Dsc_0450 口から入る洞窟にはリンガが祭られててた。

Dsc_0467 でかい御神木がたくさんある。

お寺にはサロンという腰巻をまかないとは入れない。借りられるだが、せっかくなので買ってみた。50k。

Dsc_0478 珍しい自分の写真。

もう一箇所小さなお寺に寄った後、ティエルタ・エンプルという聖なる泉で知られる寺院に行ったがここが一番よかった。プール見たいのがあって、そこにみんなで行列になって入っている。小さい子も多くて楽しそうである。

Dsc_0489 御神木の下で。いろんな儀式とかをするんだそうな。

Dsc_0498 楽しそう。

Dsc_0505

Dsc_0512 すごい勢いで湧き出してた。

Dsc_0514

コーヒーのプランテーションで、コーヒーや各種香料が栽培されてるのを見たり試飲したりする。そういえば、インドネシアは香料の産地として大航海時代には知られていたのだ。これが金と同じ価値だったのか、と感慨に無理やり浸ってみたり。のどかでいい場所でした。

Dsc_0526 金と同じ価値!

この後から雨が降り出し、メインのキンタマーニに着いた時には本降りで、視界は殆どなかった。がっかり。

Dsc_0528 右上にうっすら湖。

その次のブサキというバリで一番大きなヒンズーのお寺も雨。ローカルガイドを雇わなければならないとか、ちょっといまいちだった。ヒンズーのお寺は境内に入れないで、外から見るだけなのも、チベット寺院の空間体験とかと比べてしまうと、いまいち面白くない。

Dsc_0533

ライステラスやアグン山(晴れてれば)がよく見えるバイキングレストランで昼食を取るころには雨もぼちぼち上がってきた。

Dsc_0556

最後は、クルンクンというところの昔の裁判所だったところ。刑罰の絵なんかが残っている。

Dsc_0588

Dsc_0597 刑罰?

一人だったこともあり、割と早く廻ったので、おまけにバティックという布を織る工場にもつれてってもらった。糸からいろつけるんですね。こりゃ大変だ。

Dsc_0599

ドライバー氏は明日も空いているということなので、ちょっと値切って違うところに連れてってもらうことにして、ウブドの宿で別れた。

夜は例の有名なケチャを見にいった。思っててたより素人っぽく、ストーリー性があった。サービス精神旺盛でお腹いっぱいになった。

Dsc_0607

Dsc_0617

200901インドネシア その8(1/8)

11時出発。夕日を見るので少し遅めだ。

最初はバリ島北部のブラタン湖に行った。ここには、ウルン・ダヌ・ブラタンという水上寺院がある。寺院といっても島が二つたっているだけだが、熱帯雨林の聖なる湖のほとりというロケーションがなかなか様になっている。

Dsc_0660

Dsc_0662

その後、また雨が激しく降ってきたが、またライステラスが見えるレストランで昼食を取るうちにやんできた。昼食後、少し走って、ジュティルウィというライステラスがきれいなところに行く。歩いてみてるうちに足をひねって激痛が走る。どうもラダックでひねってからひねりやすくなってる気がする。

Dsc_0699

タナロットに行く前に、蝶園によってくれたが、50kRPするわりにいまいちだった。

Dsc_0717 てふてふ。

あと、なんというのか鳥の卵をとる鶏舎?のような建物がたくさんあった。こっちの人は鳥や卵をたくさん食べるので、鳥インフルエンザは大変深刻な問題だ。と思うが、特に何かしてるようにも見えなかった。

タナロットはバリ島の西側を向いた海岸沿いの小島に立つ寺院である。夕日が沈むころが一番きれいだと言う。にはちょっと早くついたが、結構広い公園のようになっているのでちょうどよい。観光客も多い。ビール飲みながら夕日が沈むのを見るが、やっぱり雲が厚い。

Dsc_0736 ビンタンは薄い。バリハイの方が旨かった。

Dsc_0752 危ないよ(笑)サーフィンしてる人たちもいた。

Dsc_0780 雲厚いー。

20時ぐらいに宿に戻って夕食。

200901インドネシア その9(1/9)

朝食の後、散歩がてらモンキーフォレストの先にあるプラマ社のオフィスに翌日の空港行きのシャトルバスの予約をしに行く。50kRP。

そういえば、王宮の目の前にある市場に行ってなかったので、行ってみる。1階から上が土産物屋で、下が普通の野菜とか売っている。下のほうが面白いが買うものはない。

昼はすごく安い食堂でミーゴレンを食べたら、麺がマギー(インドとかでよく見るインスタントラーメン)だった。長期滞在者っぽい人たちがたくさんいて、なんだか感じが悪い。

昨日ひねった足が気になるので、大人しく本を読んだりして過ごす。また雨が降った。

夜は、王宮でバロンダンスを見た。獅子舞ですね。

Dsc_0795

200901インドネシア その10(1/10~12)

さて、今日からはひたすら日本へ帰るだけだ。

プラマのバスでDPSの空港へ行く。シャトルバスとか言いつつ冷房も付いてないし、別に歩き方に書いてあるほどよいものじゃない。バリは公共輸送機関が未発達なので、高いタクシーに乗るか、ベモというローカルのミニバスを乗り継ぐかしかないので、移動する旅行はしづらい。

ジョグジャカルタについて、空港のINDOTELというホテル斡旋所で宿を探してもらうが、ちょうどいいところが満室だったりして、またInna Guarudaに泊まることになった。まあいいか。

ホテルにチェックインして、散歩する。マリオボロモールのKFCに行ったら、チキンと米(おにぎりみたいになってる)セットがあったりした。本当に鶏肉が好きな人たちだ。マックも鶏肉メニューが半分ぐらいを占めていた。

安宿街のソスロ通りの奥の方は迷路みたいになっていて面白かったが、治安が悪そうだ。

1/11は、朝起きて、空港までタクシー60K。

チェックインの時に名前が見つからないと言われて焦るが、OKだった。帰りはKLでの乗り継ぎで日を跨がないので、スルーでチェックインできてよかった。

フライトは30分遅れたが無事にKLに着いた。KLセントラル駅でモノレールに乗り換えるのに、外に出るのがなかなか分りづらい。大きなショッピングセンターのフードコートでいろいろ食べる。インドネシア料理よりマレーシア料理のほうが旨い。インドネシアは野菜が少なかったように感じる。あと、マレーシアは中国人が多いから食べ物が旨い。

会社のお土産を買ったりしてから空港に戻り、深夜発の便に乗り、1/12の朝に成田に到着。横浜行きのバスで帰った。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

インデックス 【国内】 200802入笠山 200803水上 200804香川 200805大平宿 200806平標山・仙ノ倉山 200807仙丈・甲斐駒 200808三斗小屋温泉 200810奥鬼怒日光澤温泉 200811天城山 200812大平宿 200812谷川岳 200903裏磐梯・大内宿 200904三頭山 8年ぶり二回目の屋久島(200904) 200909大平宿 200911 庚申山荘・足尾銅山 201002 山形蔵王 201003八ヶ岳 201007熊野古道 201009涸沢 201010安達太良山 201104赤城山(黒檜山) 201106 両神山 201107北岳 201108東北 201109蓼科山 201110霧積温泉、鼻曲山 201203北八ヶ岳 201205高野山 201208白馬岳 201210秋山郷・鳥甲山 201301日光澤温泉(再) 201304笠取山・飛竜山 201307白砂山 201308鳳凰三山 201308知床 201402高峰温泉 201407赤水渓谷 201408北アルプス表銀座 201411鬼怒沼 201412天狗岳 201501上高地 201502大平宿 201502硫黄岳 201503雲取山 201504小笠原 201602八幡平 201605山陰 201607飯豊山 201608南会津 201702蔵王 201705檜枝岐 201710苗場山 201711雲取山 201711岐阜 201802蔵王 201802網走 201905四国 【海外】 200809ラダック 200901インドネシア 201004オランダ・ベルギー(前半) 201004オランダ・ベルギー(後半) 201012ランタン 201211ケアンズ皆既日食 201404スリランカ・バンコク 201509インド 201612ネパール 201712ベトナム 201911チェンマイ 【まとめ】 境界線を行く(ヒマラヤ編) 家で焚き火(大平宿総集編) 【その他】 リーマンの会 香港→シンガポール計画