カテゴリー

200806平標山・仙ノ倉山

200806平標山・仙ノ倉山

6月最後の週末の28(土)に、谷川連峰の平標山と仙ノ倉山に行ってきた。

http://picasaweb.google.co.jp/Shin2.Nakayama/20080603

湯沢はアクセスが良いので、日帰りです。

東京発0632の新幹線たにがわ401号で、越後湯沢着0804。0820発の浅貝方面行きのバスで平標登山口まで30分ぐらいだ。バスにはシーズンオフだけあって、6人しか乗っていない。

Dsc_0019 9時頃からから松手山方面へ向かって登り始めるが、いきなりキツイ。コースで一番厳しい直登が最初に来ているのだ。汗だらだらになりがら1時間ほど登ると大きな鉄塔があって、なごむ。

さらに30分ぐらいで松手山に到着。ここからはだらだら登りで、景色のよい稜線歩きになる。天気もよく、気分がいい。

だんだん高度を上げていくとガスが出てきて、平標山頂は視界0。それでも、高山植物がたくさん咲いていて、愉快である。

Dsc_0088 仙ノ倉山へは、平標山から高山植物の間の木段を小一時間歩く。結構下ってしまうので勿体無い。仙ノ倉も視界皆無なので、そそくさと昼食を食べて平標山に戻る。

平標山頂から下りは、平標山ノ家を経由する。山ノ家までは木段がしっかりついている。

林道に降りると水場があったが、あまりにしょぼいのでスルー。林道をもうしばらく行くと、しっかりした水場があったので、逆周りの場合はここで給水すべきだろう。Dsc_0133

林道から国道に出る直前で、土地の所有権に関わる問題に起因すると思われる迂回路が出現。迂回路は結構時間がかかり、バス停には帰りのバスぎりぎりの1550に到着した。もっとも、バスは19時ぐらいまであるようだ。

湯沢でへぎそばを食べて、駅温泉に入って、さらにしょっぱいものを食べたくなったので、同行と徹氏とコピーピーによって帰る。

しっかり6時間半も歩き、飯、温泉もあり、で充実した一日だった。

その他のカテゴリー

インデックス 【国内】 200802入笠山 200803水上 200804香川 200805大平宿 200806平標山・仙ノ倉山 200807仙丈・甲斐駒 200808三斗小屋温泉 200810奥鬼怒日光澤温泉 200811天城山 200812大平宿 200812谷川岳 200903裏磐梯・大内宿 200904三頭山 8年ぶり二回目の屋久島(200904) 200909大平宿 200911 庚申山荘・足尾銅山 201002 山形蔵王 201003八ヶ岳 201007熊野古道 201009涸沢 201010安達太良山 201104赤城山(黒檜山) 201106 両神山 201107北岳 201108東北 201109蓼科山 201110霧積温泉、鼻曲山 201203北八ヶ岳 201205高野山 201208白馬岳 201210秋山郷・鳥甲山 201301日光澤温泉(再) 201304笠取山・飛竜山 201307白砂山 201308鳳凰三山 201308知床 201402高峰温泉 201407赤水渓谷 201408北アルプス表銀座 201411鬼怒沼 201412天狗岳 201501上高地 201502大平宿 201502硫黄岳 201503雲取山 201504小笠原 201602八幡平 201605山陰 201607飯豊山 201608南会津 201702蔵王 201705檜枝岐 201710苗場山 201711雲取山 201711岐阜 201802蔵王 201802網走 201905四国 【海外】 200809ラダック 200901インドネシア 201004オランダ・ベルギー(前半) 201004オランダ・ベルギー(後半) 201012ランタン 201211ケアンズ皆既日食 201404スリランカ・バンコク 201509インド 201612ネパール 201712ベトナム 201911チェンマイ 【まとめ】 境界線を行く(ヒマラヤ編) 家で焚き火(大平宿総集編) 【その他】 リーマンの会 香港→シンガポール計画