カテゴリー

201408北アルプス表銀座

201408北アルプス表銀座(8/22)

1map1
全行程(赤:1日目、青:2日目、緑:3日目、黄:4日目)

2map2
全行程。横尾への下りが冗談みたい。

3map3
1日目の行程。ひたすら登り。最初がGPSうまくとれてない。 

【1日目】
2014年8月22日金曜日の朝4時30分、日が昇る前だから夜という方が正確かも知れない、僕はぼやきながら安曇野のバス停に立っていた。
「前泊してるのになんでこんなに早く起きなきゃいけないんだよ。」
東京から北アルプスは遠い。その名に反してぜんぜん爽やかじゃない夜行バスで体力を消耗するのを嫌って、僕は前日の木曜日から夏休みをとり、中房温泉行きのバスが出発するビレッジ安曇野に泊まったのだった。早立ちで眠かったが、ビレッジ安曇野は悪くなかった。部屋の名前もこれから登ろうとする「大天井岳」だったし、研修施設らしいだだっ広い温泉も良かった。山に登るのに朝に弱いこっちが悪いんだろう。

始発からバスに乗ったのは僕一人。時間になるとミニバスは暗い中を音も無く走り出し、一番奥の席に陣取った僕はすぐ眠りに落ちた。
途中、どこかの停留所でたくさん人が乗ってきて、バスの増便も出たような気がするが、よく覚えていない。気がついたら中房温泉の駐車場についていた。
01dsc00672
中房温泉行きのバス

バスは6時頃に着くのが分かっていたので、夜行バスで来るFさんとAさんとはここで待ち合わせていた。ミニバスから降りると目の前に彼らが乗ってきたと思しきバス(これもあまり大きくない)が既に停まっていて、20人ぐらいの登山者が準備をしている中にFさんとAさんの姿が見えた。近づいて、
「くそったれの夜行バスはどうでしたか。眠れました?」と声をかけた。
「運の悪いことに隣に座った奴が席の幅の倍もあるような野郎で、難儀しましたよ」とFさん。ほら、だから云わんこっちゃない。トイレに行ったり仕度をして、標高1,462mの中房温泉の登山口を出発した。

合戦尾根は歩き始めから急登だったが、登山口から1kmのところにある第一ベンチには7時ごろには着いた。第二ベンチと第三ベンチの間からは明日以降歩く稜線が垣間見えたが、スケールが大きすぎて現実感がわかない。富士見ベンチからは、うっすら富士山も見える。みんな写真を撮っているが遠くて奇麗に撮れないだろう。
02dsc00690
富士見ベンチ

合戦小屋には9時半過ぎに到着した。合戦小屋の名物は西瓜ということになっている。シンクにぷかぷかと浮かんだ場違いな西瓜をバイト君がカットして売っている。まるで浜辺の安っぽい海の小屋みたいだ。せっかくなのでその一切れ800円の馬鹿げた西瓜にかぶりついた。こうして僕らは金銭で経験や思い出を購っていくのだ。ただし、そんなのは僕だけで、FさんとAさんは僕が西瓜を食べてる間中、賢明にもスタンプを押したりしてすごしていた。
03dsc00703
西瓜。旨い。久しぶりのかぶりつき

まあ、いずれにせよそんなこんなで乾きを癒し、再び急坂にとりかかる。また傾斜が厳しくなったようだ。

04dsc00732
合戦尾根の急登

しばらく登って、鳥兜の花畑に差しかかると燕山荘が木立の間からちらほら見えてきた。
「Fさん元気ですね。トレランやったほうがいいんじゃないですか。」
「そうですよ、もうそこまで走ったらどうです。」
Aさんと二人でけしかけると、本当にFさんが走り出した。ここはもう標高2,500m近い。冗談にしても息が切れますよ、と言う間もなく、Fさんは稜線に躍り出た。
「さあ、早く来てください、すごいですよ。」
AさんとぽかんとしながらFさんを追いかけて、稜線に出た。
すると、目の前には北アルプスの主稜線が夏の雲の下にどこまでも広がっているではないか。Fさんは前に燕岳に登ったことがあるから、この展開を知っていたのだ。ここまでずっと樹林帯の中を視界が無い状態で登ってきたから、このパノラマには圧倒されるしかない。まったくこの忌々しい急登が報われるというものだ。
1dsc00760
スイングパノラマで撮ってみた。

燕山荘には11:30到着。まだチェックインできないので、荷物を置いて休憩した後、燕岳に向かう。白い石灰岩の稜線を30分も歩けば山頂についてしまうのだが、全行程でこの間が一番印象深い。

05dsc00748
燕岳へ

07dsc00797
燕山荘を振り返る

08dsc00822
燕岳ピーク

09dsc00836
イルカ岩と槍ヶ岳

いるか岩や槍ヶ岳などを眺めながら往復して燕山荘に戻り、チェックインする。

部屋は新館の二階で、夏のハイシーズンのことだけあって相部屋である。時間があるので、ケーキセットやビールなどを食す。

10dsc00837
ケーキセット

12dsc00842
部屋。

夕食はハンバーグ。まずまずである。夜は下界の夜景も見えたが、稲妻が光るような不安定な天気で、翌日が心配である。

13dsc00845
夕食

201408北アルプス表銀座(8/23)

4map4
二日目の行程。常念小屋への下りが急。

【2日目】

5時半に食事。今日は余裕があるのでゆっくり7時頃出発。歩き始めはガスに覆われていた山姿が、時間が経つにつれて晴れてきて、特徴的な槍ヶ岳や、なだらかな裏銀座の稜線もずっと見えていた。

01dsc00895
歩き始め。槍もばっちり!

02dsc00904
裏銀座方面の稜線。今度はあちらを歩く?

03dsc00910
大下りの頭。いい気分。

平坦な稜線を楽しんで、8時前に大下りの頭に到着喜作新道の喜作さんのプレートがあるはしご場を過ぎ、大天井岳と槍ヶ岳の分岐には9時半前に到着した。

04dsc00930
喜作さんのプレート付近

05dsc00937
大天井岳と槍ヶ岳の分岐。

06dsc00940
分岐から来た方を振り返る。

ここから大天井岳方面への急登をゴリッと登って10時に大天荘に到着。ここでは11時からナンカレーが食べられるのである。

08dsc00945
大天荘

荷物を置いて空荷で大天井岳に向かう。大天井岳は今回の行程の中ではどの登山口からも一番離れた奥に位置しているだけあって、景色も北は高瀬ダム、正面には槍ヶ岳、南は穂高、涸沢、上高地の梓川まで見える絶景である。

09dsc00963
大天井岳ピーク

10dsc00969
槍ヶ岳正面

11dsc00975
記念撮影

しばらく楽しんだ後、大天荘に戻り、中の食堂でナンカレーを注文。キーマだとか選べるのもすごいが、町で食べるのとあまり代わらないものが出てきてびっくりする。

12dsc00979
おしゃれカフェ?大天荘の経営は燕山荘と同じみたい。

ちなみに、ツアーっぽい人達は普通のカレーライスを食べていた。ナンカレーを食べたかったら個人でくるに限る?

さて、大天井岳でもまだ今日の行程の半分である。先を急ぐ。12時前に大天荘を出発し、東天井岳に向かって歩いていると、雷鳥の親子を見つけた。ひよこが非常にかわいい。人を恐れないので、近くで観察できるのも嬉しい。

1dsc00995
雷鳥のヒナ。かわいい。

2dsc01005
道中。槍もあきたとか贅沢をいう。

もう少し歩くと、東側に雪渓が残っていた。東大天井岳もその先の横通岳もピークは通らないのでらくらく歩いていると、また雷鳥に会う。好奇心が強いようで、鳴きまねをしてみると、近づいてきたりして、面白い。

3dsc01006
雪が残る東側からガスがあがる。

4dsc01027
また雷鳥。ぜんぜん逃げずにむしろよってくる。

目指す常念岳の手前は、急な下りになっている。ここを降りていくうちに東側からガスが登ってきて、常念が見えなくなった。常念小屋には14時過ぎに到着。大きな山荘である。

1dsc01029
常念小屋への急な下り。この分明日は昇らなければならない。

今日は土曜日なので、当然相部屋で昨日よりも混みあった。夕食はまたもやハンバーグである。お約束なのだろう。焼きなすがついていたので、下界からもってきたのか、ここで調理したのか不思議である。

5dsc01032
常念小屋の夕食。

一時雨も降ったが、夜には天の川が見えるほど晴れた。

6dsc01063
常念岳と天の川

201408北アルプス表銀座(8/24)

5map5
3日目の行程。上り下りが地味にきつい。

【3日目】

この日は一番長く歩く予定である。5時前から朝食を食べるのに並んでいたら、驚いたことにAさんが去年のネパールのトレッキングで知り合ったTさんにばったり出会った。僕とAさんもネパールで知り合ったのだが、まったく奇運である。

5時半に常念小屋を出発すると、いきなり常念岳への登りである。ガスっていて見晴らしも良くない。急登がおわりピークに到着か?と思うとさらに続いているという展開で気分的に辛い。それでも7時に常念岳ピークに到着。

01dsc01066
常念小屋からの登り

02dsc01074
ピーク

下りは大きな石がごろごろしていて歩きづらいが、三回目の雷鳥に会った。

03dsc01080
こんなに雷鳥がいるとは思わなかった。

04dsc01084
常念下り。

常念から先も、2,512mのピーク、2,592mのピーク、蝶槍などの小ピークが連続するアップダウンの多い区間で、距離の割りに疲れる。雨もところどころで降っていて、カッパなので暑い。

05dsc01093
鞍部で花を摘みにいくAさん

06dsc01098
蝶槍。展望なし

11時に横尾に降りる分岐を通過し、11時半になだらかな蝶ヶ岳山頂に到着した。これで今回の登りは終わりである。

07dsc01107
左上のが蝶ヶ岳山頂。

08dsc01110
山頂で力尽きるAさん(やらせw)

09dsc01111
この辺は寒かった。

蝶ヶ岳ヒュッテで休憩をして、13時前ぐらいから横尾への下りに取り掛かる。かなりの傾斜だが、キノコが生えてたり、八ヶ岳にも似た樹林帯で歩きやすい。15時ごろ、ついに横尾山荘に到着した。

10dsc01115
正面はフィヨルドのよう。

1dsc01114
横尾への分岐

11dsc01128
良いキノコ1

12dsc01136
良いキノコ2

13dsc01139
横尾山荘に到着!

横尾山荘の宿泊部は非常に新しくきれいだ。従業員の対応もよい。さすが上高地である。寝るところもこれまでの雑魚寝ではなく、二段ベッドで空間が約束されている。さらに風呂まで入れる。すっかり汗を流してくつろいだが、疲労の蓄積も感じた。明日は平地を3時間歩くだけである。

1dsc01141
寝るところ。ベッドは畳敷きである。

たくさん歩いたわりに天気が良くなかったので、写真がさみしい。

201408北アルプス表銀座(8/25)

6map6
4日目。200mぐらい緩やかに下るだけ。距離は10kmもある。

【4日目】

6時に朝食。7時出発。徳沢園、明神館を経て、上高地の河童橋に9時半に到着。結構早い。

1dsc01148
徳沢園。テン場がよさそうなので、いつか行きたい。

2dsc01154
明神館

3dsc01165
旨い!

4dsc01168
蝶だか蛾だか。汗臭かった?

旨いソフトクリームを食べて、バスターミナルからちょうど出ようとするバスに飛び乗って、途中電車に乗り換え、松本へ。

5dsc01170
なぜか萌え電車

松本駅ビルのから揚げセンターで久しぶりの揚げ物に胸焼けしつつ、あずさに乗って、15時ごろには東京に着いた。

6dsc01172
旨いけど量が多すぎた。

お疲れ様でした。