カテゴリー

201211ケアンズ皆既日食

2012年ケアンズ皆既日食 その0

2012年11月14日にケアンズで皆既日食を見てきた。

以前から皆既日食は一度見てみたいと思っていて、3年前のトカラ列島の日食も上海行きのチケットを予約しつつ仕事の都合でキャンセルしたうらみもある。
今回のケアンズ行きのきっかけは、今年の5月にあった関東での金環日食である。雲がかかりつつも奇麗な円環を見ることができて、いろいろ調べていたら、11月にオーストラリアのケアンズで日食があることを知ったのである。金環食のためにレンズのNDフィルタを買ってみたりと、盛り上がっていたこともあり、チケットをとりあえず確保してした。

今回の皆既日食は、皆既帯のほとんどが太平洋の上であり、陸地にかかっているのはケアンズ付近しかない。ケアンズは直行便もある観光都市なので、もし天気が悪くて日食を見られなかったとしても、グレートバリアリーフで泳いだりして、普通のオーストラリア旅行としてなんとなく諦めのつきそうなところもポイントが高い。

2012_2_1_2
ほとんど海上。

問題は、どこで見るかである。
日の出直後に日食が始まるため、東方向に開けている必要がある。また、皆既帯の中央付近だと皆既の時間がちょっと長い(といっても、今回は長くて2分ぐらいだ)。それから、世界中から来るだろうから、混雑も避けたいところだ。
ツアーもあるが非常に高いので個人で移動すること、車の足がないことから、前泊してビーチに歩いていける範囲が妥当だろうと考えて探したところ、ケアンズから北に120kmぐらい行ったところにあるデインツリー国立公園のカウベイというところが条件にあっていたので、そこで観測することにした。
皆既の時間は1分半と短いが、最大でも2分なので大差はないだろう。

2012_2_2
この辺です。

日食は11/14の朝だが、直前直後のフライトが指数関数的に高額になる料金設定になっていたので、前後余裕を持って11/9成田発、11/17ケアンズ発の現地一週間の旅程とした。
それから、宿は早く予約したので問題なかったが、ケアンズから観測地のカウベイの宿までの移動手段がなくて困った。完全な車社会のため、ほとんど公共交通機関がないのだ。Webに載ってたコーチサービスもだめで、宿に連絡して教えてもらった週数本の定期バスの日程がちょうどあったので助かったが、準備としては移動手段の確保が一番の問題であった。

2012年ケアンズ皆既日食 その1(11/9,10)

11/9(金)のフライトは成田2010発のジェットスターである。成田空港のチェックインカウンターは長蛇の列である。平日発だが既に日食ツアーの姿もちらほら見られた。

夜便なので、寝ているうちにケアンズには11/10(土)の早朝5時前に到着した。すぐ移動しても町が動いてないのと、非常に眠いので、8時ぐらいまで空港で仮眠した。

空港から町へのバスは、フライトにあわせて運行しているので、一眠りして起きたら国際線ターミナルからのバスはちょうどない時間だ。500mほど先の国内線ターミナルに移動してバスに乗る。町まで10ドル。

ケアンズ前半の宿は、「Caravella Backpackers」である。行ってみると予約が入ってないという。その日はそのままクランダに観光に行くつもりだったので、荷物を預けて戻るまでに部屋を準備してもらうことになった。ケアンズはまだよいが、カウベイなど観測地の予約が入ってないと困ったことになるなと思う。

10時前にピックアップのバスが来て、スカイレールの駅まで連れて行ってくれる。所要30分ぐらいである。スカイレールというのは、熱帯雨林の上を通っているロープウェイである。これに乗って、途中2回乗り換えて、遊歩道を歩いたり滝を見たりするのだが、乾季に入っていて滝の水量も少ないので迫力がまったくない。

_dsc3092
もうちょっと行くと完全に森の上を走る。

クランダは、昔の鉱山跡を観光開発したそうで、海以外ではケアンズのお約束の観光地であるが、ありふれた土産物屋が並んでいるばかりでつまらない。眠くて行かないでしまったが、テーマパークがあるようなので、そういうのが好きならそれなりに楽しめるのかも知れない。

_dsc3109
一応、コアラぐらい見た。別料金で抱いて写真が撮れる。

帰りは、クランダシーニックレイルウェイである。世界の車窓からのオープニングになっていたので、日本では特に有名である。こちらはまずまずだったが、とにかく眠くて寝てしまった。クランダセントラル駅に到着。

_dsc3146
クランダ駅

_dsc3164
某車窓からっぽく。

駅はショッピングセンターとつながっており、フードコードで夕食をとった。でかいスーパーもあり、何かと便利そうである。

ケアンズは広くないので宿まで歩き、無事用意されていた部屋にチェックインして、シャワーを浴びて寝る。そんなに面白くもないが長い一日であった。

2012年ケアンズ皆既日食 その2(11/11)

鳥の鳴き声で起きた。早朝から、とても寝てはいられない賑やかさ。宿はエスプラネードという海岸沿いの通りのはずれにたっているのだが、海岸は干潟になっているので、鳥が非常に多いのだ。

今日は海へ行く。今回は皆既日食のためにきたとはいえ、ケアンズと言えばグレートバリアリーフ(GBR)なのである。基本的に個人で行けるものではないので、ツアーに参加するかたちになる。この日は、ミコマスケイというさんご礁の島に船で行って、遊んで帰ってくるという一日ツアーを予約しておいた。

Michaelmas_cay
ミコマスケイ。ほかにもいろんなさんご礁に行くツアーが催行されている。

8時前に船に乗り込み、8時半に出航。大きなヨットだ。日本人客は十数人ぐらいいて、スタッフの方にも日本人がいるので、説明も日本語でしてくれる。シュノーケルセットや島での過ごし方などのレクチャーを受けて、10時15分ぐらいにミコマスケイに到着。

Gopr0012
ブリーフィング中。

Gopr0014
立派なヨットである。

まずは、ガラス窓から海が見られる半潜水艦ツアーに参加。海がめが泳いでいたりして、期待が高まる。

Gopr0030
半潜水艦。20分ぐらい?みどころを回ってくれる。

Gopr0048
海がめいた!

その後、はしけで島に上陸してシュノーケル。白い砂に青い海、絵に描いたような無人島のビーチである。島は野鳥の保護区になっており、上陸できる部分はごくごく限られている。

めったに海に来ないが非常に楽しい。魚がごすごす岩を突いている音も聞こえる。一度、船に戻ってビュッフェスタイルのオーストラリアとは思えないおいしいランチの後、また14時ごろの出航までぷかぷか泳いでいた。

Gopr0060
船は直接つけないので、はしけが20分おきぐらいに渡してくれる。

Gopr0080_2
ロープから外は鳥の世界。

Gopr0071
むちゃくちゃたくさんいた。

帰りはコーヒーなど飲みつつ他の人の話を聞いたところ、みんな日食を見に来たついでのようだ。スタッフも普段はこんなに年配の人は来ない、今回はカナダから団体がきている、というようなことを言っていた。確かに海で遊ぶツアーにしては年寄りが多いような気はしていた。ケアンズには16時過ぎに到着。

カードでキャッシングしようとしたが使えなかったので、市中の両替屋で両替をする。成田より若干レートがいいようである。夜はナイトマーケットの前のバイキング。

2012年ケアンズ皆既日食 その3(11/12,13)

日食は14日の早朝なので、一日余裕をもって12日にカウベイに移動する。

Cowbay2
カウベイの地図

7時に港近くのバスターミナルをミニバスで出発して、一度休憩を挟み、フェリーでクロコダイルの出る川を渡って、10時半に宿に到着した。

_dsc3174
渡し

宿は「Crocodylus Village」というジャングルの中にバンガロー的なものが複数サイトあるような施設で、よさげな雰囲気である。早速チェックインして、朝飯のパンケーキを作ってもらう。ほんとうは他の宿もそうだったけど、10時から16時まではクローズらしい。部屋は蚊帳がつってあるベッドと椅子があるだけのシンプルなもの。基本寝るだけの場所である。敷地や周辺は鬱蒼とした熱帯雨林だが、こぎれいにされていて気分がよい。

Gopr0094
完全にジャングルの中である。思ったより虫はぜんぜんいなかった。

_dsc3228
居心地のよいダイニング

午後は、「Daintree Discovery Center」に行ってみる。てくてく歩いて40分ぐらいである。

木々の間のキャノピーウォークや、5層ぐらいの展望台があるのだが、さほど怖くなかった。オーディオガイド(日本語)の説明が詳しいので、最初にきてよかった。時期的に乾季に入ったところなので、川の水量が少ないのと木々の色が鮮やかでないのが少々残念である。

_dsc3198
展望タワー。木の上の方にかけられた鳥の巣なんかが観察できる。

宿に帰って、少し昼寝をしたあとで周囲を散歩していたら、でかい鳥が2匹、ごそごそエサをあさっているのに出くわした。頭までの高さだと1mもあるだろうか。最初、宿で飼っているのかと思ったが、そういうわけでもないようで、そのうちどこかに消えてしまった。後で聞いたらCassowary(ヒクイドリ)で、野生のは珍しいようだ。宿の人にラッキーだと言われた。そういえば、ディスカバリーセンターの冊子にも書いてある。このラッキーついでに日食も見られるとよいのだが。

_dsc3215
Cassowary!

夜、若干頭痛あり。

--
11/13(火)は予備日。皆既日食の前日である。

午前中に、明日日食を見るCowBayまで下見に行く。3.5kmで一時間ぐらい見込んだほうがよさそうだ。現地は真東に開けているが、厚い雲がかかっていて、風も強い。時折雨がぱらつく。今日のうちに大気中の水分が落ちて、明日は晴れないかな、などと都合のよいことを考える。

_dsc3231
くらげ注意。

_dsc3233
マングローブはそこらじゅうに生えていた

宿に戻るが、昼時の営業をしていない。普段、朝食は食べないので、遅めの朝食を食べて昼食べなくても平気なのだが、車の足がないと不便ではある。

雨が強くなってきたので、部屋でiPodを聞いているうちに寝てしまった。14時ごろ外に出ると雨は上がっていたので、ジャングルの散歩コースを歩いてみる。雨の後、空気が少し乾いたような気がする。遊歩道はなかなか雰囲気はあるが、ボルネオや西表島にはかなわない。昨日のCassowaryを探しながら歩いたが、キジぐらいの鳥はたくさんいたがCassowaryには会えなかった。

_dsc3275
宿からいきなりジャングルウォーク。

_dsc3259
とげとげした植物

近くのアイスクリーム工場でアイスを食べる。昼飯抜きなので旨い。その後、泳げるきれいな小川まで散歩。

_dsc3299
きれい。

戻って、コインランドリーで洗濯して、シャワー浴びて、夕飯を食べるとすることもない。明朝は、五時半に宿のミニバスがカウベイまで出るとのこと。助かる。

いよいよ明日である。

2012年ケアンズ皆既日食 その4(11/14,15)

皆既日食、当日。5時半にミニバスに乗ってカウベイのビーチへ向かう。この辺に来るほとんどの人は車なので、僕ともう一組と、ゲストハウスの一家だけだ。

日の出が5:35、欠け始めが5:44、皆既が6:38から6:40、日食の終わりが7:39である。日の出の10分後には食が始まるのだ。ビーチについたときには既に欠けはじめていたはずだが、太陽は雲の中である。しかし、風が強いので雲の流れも速く、切れ間からたまに太陽がのぞいてくる。次々と雲が流れてきては去っていくので、皆既のときに雲から出ているかどうか、まったくの運頼みである。

_dsc3330
到着時。まじかよ。。。的な。

_dsc3340
たまに出てきたり。

欠けが大きくなり、だんだん夕方ぐらいの暗さになってきたころ、飛行機で見ているらしき人がブーンと飛んできた。雲の上に出てしまえば間違いなく見られるということだろう。ただ、自分が動きながらは忙しない。

_dsc3361
ブーン

_dsc3371
また引っ込んだり。

結局、皆既の数分前に太陽は雲から出てきて、皆既食の間はまったく雲がかからなかった。皆既の間でもコロナが光っているので、夜よりは若干明るいぐらいだった。
太陽がしゅぽっと消えて、出てくるさまは動画を見ていただきたい。

_dsc33871
ダイヤモンドリング!左下の方にプロミネンスが見える。

_dsc3393_2
高度が低いので、見やすかった。

_dsc3397_20121114_53941_2
教科書的な写真。誰が撮ってもこうなる。

動画

はじめて皆既日食を見られたわけだが、感動したというよりよくこんな瞬間を予測できるなとその人知に感心した。紀元前585年にはギリシャのタレスが日食を予言していたそうな。

皆既が終わってしまうと、太陽はまだ欠けているがみんなもう帰りモードである。僕らも最後までは見ずに、7時半頃、宿に帰着。完璧に見られて満足である。終わってみると、2分と短かったこともあるが、普通に太陽も昇ってきて、なかったかのようである。

_dsc3427
いやー、いいもの見たね

もう今日はすることはないので、その辺を散歩しまくった。

夕食のときにナナフシを見た。宿の主人の自作Linuxマシンでネットをちょっと覗いてみたら、皆既帯中央付近のポートダグラスでは雲がかかったようである。まったくラッキーだった。

--
11/15はケアンズに戻るだけ。帰りのミニバスが30分遅れ。またケアンズセントラルのフードコートで昼飯を食べて、トラベラーズオアシスにチェックイン。駅の海と反対側の静かなエリアのこぎれいな宿である。ここも10時から16時はレセプションが閉まるので注意。

カウベイの宿の支払いがカードでできたので、現金に余裕ができた。港に行って、明日行くグリーン島の予約をする。AUD$79。グリーン島はケアンズから近く設備も整っているので、帰国前日に行くにはちょうどよい。

夜はシーフードを食べておみやげ探しなど。まったく買うものがなくて困る。

2012年ケアンズ皆既日食 その5(11/16,17)

11/16は実質最終日。またケアンズセントラルのカフェで軽く朝食をとったあと、10:30発のグリーン島行きの船に乗る。中国人が多く、混んでいる。船もミコマスケイに行ったときのより小さい。50分ぐらいで到着。

シュノーケルセットを借りて、北のパラソルが並んでいるビーチに行くが、砂が舞っていてあまり視界がよくない。南側の桟橋付近がよいようであった。チーズバーガーのランチを食べて、ぐるっと遊歩道を歩いて、2:15に桟橋に戻る。海はミコマスケイの方がずっとよいが、こちらはお手軽でよい。ケアンズには3時半ごろ帰着。

Gopr0112
北の方。

Gopr0120_2
南の方。

湾のあたりでアイスクリームを食べたり、パラセイリングを眺めたりする。エスプラネードのデッキから干潟をみると、ちょうど潮が引いていていろんな鳥が歩き回っている。小さなカニもたくさんいる。動物は以前いったタスマニアの方が断然多かったが、鳥に関してはこちらの方に軍配が上がりそうである。

Gopr0160
干潟

宿に戻って、明日の空港行きのバスの予約。12$。

夕食はイタリアン。カプレーゼと本日のフィットチーネのチーズがかぶった。

--
11/17は定刻どおり、正午頃のフライトで帰国。行きは夜便なので寝てればよかったが、昼間の便なので起きてないといけないのでそれがしんどかった。

とにかく、皆既日食が見られてよかった。場所の選定から自分でやったのでなんとなく達成感がある。次はオーロラか。