カテゴリー

201004オランダ・ベルギー(後半)

201004オランダ・ベルギー その6(4/29)

今日からベルギーである。オランダではつい熱心に観光しすぎた気もするので、ベルギーではダウナー系でいきたい。

アントワープには昼過ぎに到着。工事が終わったばかりの駅舎は大きくてカッコいい。

_dsc3613
絵になりますな。

予約してたB&B Granducaleはちょっと迷ってブロックを一周してしまった。トイレバス共同のシングルで一泊45ユーロ。トイレ、バスもとてもきれいだし、人も親切でよかった。場所はみどころからは離れているが、静かでトラムの便もいい。コインランドリーも近くにあり。

_dsc3605
左の戸棚を開けるとシンクがある。

アントワープの観光は明日にまわして、今日は駅に戻ってリエージュ駅(カラトラバ設計)を見に行くことにした。リエージュは意外と遠くて片道2時間ぐらいかかった。小さいとはいえ、さすが国だ。車窓からの景色を堪能できた。ブリュッセル北駅の手前にも飾り窓地区っぽいのがみえたが、こっちの方が本気度合いが高そうだった。

リエージュ駅は、町自体それほど大きくないからか、想像よりシンプルだった。鯨の骨?のような印象。ロッテルダムやユトレヒトと違って周囲は古い建物が多いようなので、やや浮いているような気もした。わざわさ見に行くほどではなかったかな。

_dsc3620 _dsc3626 _dsc3635 _dsc3640

帰りの電車では、犬を連れて乗ってきた人もおり、日本とは違うなー、と思った。ケージに入れてるのではなく、毛布を座席に敷いて座らせていたが、大人しくずっと座っていて感心。

夕食は、知人に勧められていたpelgromというレストラン。歩き方にも載っている。
非常に良いレストランで、雰囲気もよく、食べ物もうまい。医者に止められていたが、我慢できずビール二杯飲んでしまう。ああ、うまい。

_dsc3669
GildenbierAnno1389。確信犯的に飲んでしまったわけです。

_dsc3670
チーズとソーセージセット。飲まざるを得ない。

結果、酷く嫌な酔い方をしてして、夜、目が覚めたりした。ダメだといわれたものはやはりダメだと納得。
後日で医者に話したら、そうでしょう、まあ、それも旅行の思い出ですな、と笑われた。

201004オランダ・ベルギー その7(4/30)

昨日の夜は嫌な酔い方をしたので、もう飲まない、と誓う。スーパーで小瓶1ユーロしなかったりするので、非常に残念だが仕方がない。またこよう。

今日は、小雨の降る寒い日だが、終日まったりアントワープ観光する。

朝、コインランドリーで洗濯をしてから出撃。まずはアントワープ大聖堂だろう。

ここは、例の「フランダースの犬」でネロとパトラッシュが息を引き取るところだ。何となくこじんまりとした教会を想定していたら、でかかった。ベルギーで一番大きいらしい。

_dsc3772
大きい!勝手にもっと小さいもんだと思ってただけだけど。

_dsc3752
入り口のところ。 

内部にはルーベンスのピエタやらいろいろありますが、ちょうど企画展をやっていて、美術館に移動した作品が里帰りしており、いい雰囲気だった。

_dsc3674
縦位置の写真、使いづらい。

_dsc3680
11mmのレンズ買った甲斐があったぜ。

_dsc3678_2
ルーベンス。

_dsc3720
企画展の展示。往時はこんな風にたくさん絵がかかってたのかな。

_dsc3726
ステンドグラス。

_dsc3748
日本人も多いようだ。

教会を出て、フリット(フライドポテト)をつまんだりしながら、広場や運河のあたりを散歩する。雨は上がったがやっぱり寒い。

ひとしきりうろついた後、マイエル・ヴァン・デン・ベルグ美術館でピーテル・ブリューゲル(I)の狂女フリートを見る。裕福な個人の邸宅だった美術館で、いい雰囲気だが、座るところがあまりない。カフェがあるといいのに。あと、絵葉書の印刷がきれいじゃないのが残念。

遅めのランチを食べた後、午後はアントワープ王立美術館に行く。ルーベンスやアンソニー・ヴァン・ダイクの巨大な絵がある。雨の平日なので客も少なく、ゆっくりできた。

夜は中華でも食べようと中華街に行ってみたが、軒並み閉まっている。何で?

201004オランダ・ベルギー その8(5/1)

4月が終わってしまった。これから後は、ずっとブリュージュをベースにするので、大きな移動はなしだ。

ブリュージュには12時ごろ到着。マルクト広場までバスで出て、運河沿いのホテルへ。チェックインしようとしたが、部屋の支度が出来ていないそうで、荷物だけ置いて散歩に出る。

朝は小雨が降っていたが、だんだん日が差してきた。ホテルの前の運河の雰囲気がよい。

_dsc3776
ホテルのまえ。

_dsc3789
運河沿いの家々。でっぱってるのは、お茶を飲むところらしい。優雅だ。

_dsc3817
だんだん日が差してきた。

_dsc3823
風車もあり。

そこいらを一周してパスタやフリットを食べた。
マルクト広場でセグウェイを貸していたり、カモとかネコとかウマとかいたり、のどかだ。

_dsc3857
なせかセグウェイ。

_dsc3843
カモはたくさんいた。日本でいうとドバトとかそんな感じなのか?

_dsc3868
馬車馬。

_dsc3869
ヌコ 

ブリュージュはいいところだ。

201004オランダ・ベルギー その9(5/2)

今日はブリュッセルに出ます。

雨上がりで気持ちよいが、やや寒い日だ。水路やベギン教会などを眺めながらぶらぶらと駅までは歩いてみた。

ブリュッセルには、電車1時間ほどで到着。まずはブリューゲルのいいのがたくさんある王立美術館だ。ここは、絵だけじゃなくて、建物の雰囲気やレストランもよかった。

_dsc3887
こんな感じ。

_dsc3888
ルーベンス部屋

_dsc3896
ピーテル・ブリューゲル(I)ベツレヘムの戸籍調査

_dsc3897
同じく。

_dsc3901
ブリューゲル部屋。右は日本にもきた「イカロスの墜落」。後ろには二世のコピーがかかっている。至福。

_dsc3905
クラナッハ

_dsc3906
ボッス

_dsc3913
レストランにて。うまいよこれ!もっと肉とかガッツリ食べればよかったw

以上が古典部門。あと、近代部門もあるのだが、お腹いっぱいで軽くみてすました。

次は、ビクトル・オルタなどのアール・ヌーボーの建物をいくつか見てまわる。

楽器博物館は王立美術館のとなりにあり、ファサードだけみた。

_dsc3883
設計者は知らない。

ビクトル・オルタ美術館は、もともと自邸だったところだ。いったら列ができていて、日本人も多かった。並んでいるうちに雹が降ってきてびっくり!内観は、階段がかっこよかった。

_dsc3916
真ん中の二つがそれ。

_dsc3921
雹だよ!

_dsc3925
内観の写真はNG。

ここからトラムに乗って中心部に出て、マンガ博物館へ。ここはタンタンの原画などが展示されているが、もともとはオルタ設計の百貨店だったところだ。甥っ子へのおみやげ(絵本)もゲット。

_dsc3938
外観。天気は回復した。

_dsc3942
入ったところの吹き抜け。タンタンのロケットとかが展示されてる。

_dsc3949
アールヌーボーは階段がカッコいいよね。

_dsc3955
カフェ。

ここから小便小僧をみるために中心部へ移動。途中にノイハウス(チョコ屋)があったので、小さなアイスクリーム(4ユーロ)を食べてみる。うまいけど高いよ!

中心部の広場がよかった。世界三大がっかりの一つにあげられることもある小便小僧は、しっかりしょぼくて安心した。

_dsc3957
広場に面した建物。

_dsc3961
明るいけど、もう既に結構な時間になっている。

_dsc3968
小便小僧。マーライオンもみたし、あとはコペンハーゲンの人魚姫だな。

だいたい計画したことは済んだかな。

201004オランダ・ベルギー その10(5/3)

月曜日は美術館が休みだ。相変わらず小雨のぱらつく寒い日なので自転車もパス。ぶらぶら過ごします。うまいものを食べよう。

マルクト広場前の銀行で両替をして軍資金を調達する。130円と比較的いいレートだった。

まずは広場の鐘楼に登った。

_dsc3983
登るぜー

_dsc3987
工事中で、片側も窓からだけみれた。

昼はベギン教会のそばのレストランで、このシーズン旬であるアスパラガスと、ワーテルゾーイという煮込み料理を食べる。

お次は教会。名前なんだっけな。聖遺物があって、お布施をして見せてもらう集金システム。

_dsc3990
ずらりと並ぶ。

もう一個教会。こっちは聖母マリア教会だ。ミケランジェロの聖母子像がある。

_dsc3997
外寒いからしばらくすわってた。

_dsc4002
ミケランジェロ。

夜は何を食べようか、食事のことばかり考えている。そのわりに夕食になに食べたかメモもないし、覚えてないな。

201004オランダ・ベルギー その11(5/4)

明日5/5は帰るだけなので、実質最終日である。

ようやく、今日は朝から天気がいい。自転車のチャンスだ。

メムリンク美術館に行ってから、運河をボートで巡るクルーズに参加した。30分7ユーロ。

_dsc4055
運河はこんな高さ。雨が降ったら冠水しないんだろうか。

_dsc4057
ブリュージュは落ち着いた雰囲気がある。

_dsc4071
今日は天気もよい。

グルーニング美術館は個人の邸宅が美術館になっている。こういった小さい美術館がたくさんある環境っていいと思う。昨日の聖母教会にも接していて、教会内部に顔を出す部屋もあった。グルーニング美術館から聖母教会にかけてのエリアは散歩するのにちょうどよい。

_dsc4081 _dsc4085 _dsc4091 _dsc4095

ランチには、北海海老のクロケットを食べた。こってり海老の味がしてうまい。日本ではない味だなーと思った。

午後は自転車を借りてサイクリングだ。4hで8ユーロ。
ブリュージュから北のほうに足を伸ばし、リッセウェフェというところまで行ってみた。
風が強いが、道が良くて景色もいいので、軽快に進む。町を抜けると北海近くの牧歌的な干拓地が広がっていた。

_dsc4100
自転車のレーン。車道よりいいんじゃないか?

_dsc4107
干拓地は酪農に使われているようだ。うまいチーズを作ってるのだろうか。

_dsc4110
現代の風車は発電機である。平らだから北海からの風を有効利用できるんでしょう。

リッセウェフェの町は街路の工事中で残念な感じだったが、カフェで食べたベルギーワッフルがうまかった。

_dsc4121
アイスクリーム添え

夕食は、ムール貝と牛肉のビール煮込み。またビールを飲んでしまった。ぐるぐるになるの覚悟で一杯だけだが。

201004オランダ・ベルギー その12(5/5)

帰国日。昨晩はやっぱりビールでぐるぐるになった。やっぱり飲んじゃダメなものはダメなようで。また改めてビールを飲みに来る決意を固めた。

ブリュージュ10時発→11時ブリュッセル着
ブリュッセル1122発→14時スキポール空港着、

1740スキポール空港発の飛行機で、翌5/6の11頃、成田に到着した。

フライトでは寝てるだけだったので行きより楽だったが、時差の調整が帰国後の方が辛かった。向きに関係あるのだろう。

オランダはアッパー系で、プロテスタントで飯がまずい。見るところはたくさんある。
ベルギーはダウナー系で、カトリックで飯がうまい。物価もオランダよりちょっと安い。

ベルギーに入ると、トイレのチップが0.5ユーロから0.4か0.3に下がった。全体的にそんな物価感覚だ。道行く人たちの服装も、全体的に野暮ったくなるように感じた。

次にまたくるとしたら、ベルギーだけじっくり滞在してビールをしこたま飲みたい。あ、でもオランダのマウリッツハイス美術館は行かなきゃ。ベルギーは南東部の森深い地方もよいらしいですね。