カテゴリー

201002 山形蔵王

201002 山形蔵王 その1

引き篭もってたので久方ぶりの更新です。

積年の課題だった蔵王にようようのこと行って参りました。

スノーシューを嗜む者として、蔵王で樹氷を見ていないというのはなんと云う体たらく。

ずっと行きたかったのだけど、日程やら先立つものやらの兼ね合いで何となく先延ばしになっていた宿題を、この2/13、14で果たしてきました。

同行者はF原さん。JRのパックで新幹線と宿がセットになってるのを採用。バスは時間の制約が厳しいのと体が辛いお年頃である。

写真はこちら

歩いたのは下記の通り。残念ながら二日目の時刻情報がGPSで取れてなかった。

Track
上のほうが初日、下のほうが二日目。

--
山形新幹線は広軌ではないので、2×2の座席だ。新幹線っぽさに欠けるがそれでも新幹線。早い早い。山形駅に11:00、蔵王温泉にはちょうど12時ごろ到着した。下界は晴れているが見上げる山頂は雲の中である。

P1010272
湯気もうもう。

とりあえず、投宿する海老屋に荷物を置いて、昼食は芋煮うどんに玉こんにゃく。早速フラグ二つゲットだ。

P1010280
ねぎたっぷり。僕のは抜いてもらった。いうまでもなく。

P1010278
名物玉こんにゃく。山寺も有名だよね。

その後、冬季は閉鎖しているのをこの週末だけ無料公開しているという大露天風呂に入りに行く。定員200人という大きな温泉がゲレンデの真っ只中の谷まったところに掘られているのである。小屋で服を脱いで湯につかるまでが寒い寒い。気温は-5度ぐらいだろうか。お湯は湯の花が浮いており多少硫黄の匂いがする温泉らしい温泉だった。

P1010284
中は撮影禁止となっていた。

宿に戻って、教えてもらったスノーシューコースに行く。蔵王中央ロープウェイで鳥兜駅まで登り、スノーシューで遊んで、またロープウェイの高原中央駅から上の台駅に降りてくるのである。

Dsc_1381
F原さん。

Dsc_1440
珍しい自分の写真。

Dsc_1445
霧氷。きれいですな。

このへんは霧氷エリアで、ブナの林の中を歩くのが非常に楽しい。うかうかしているうちに、ロープウェイの終了時間を過ぎてしまい、下まで歩いて降りる羽目になった。スキー場広いよ。。。

Dsc_1490
誰も居ないゲレンデを歩いて降りる。心折れますね。

宿の夕食はどういうわけか蔵王の名物になっているジンギスカンだ。昼に食べないでよかった。

Dsc_1508
旨いぞ!

夕食後は、蔵王山麓駅からロープウェイを2本乗り継いで山頂駅へ上がり、ライトアップされている樹氷をみにいった。ライトアップはきれいだったが、ロープが張ってあって歩き回れないのと、ガスってて視界があまりないのが残念。

Dsc_1522
ロープウェイの乗換駅付近。この辺はまだ霧氷。

Dsc_1538
山頂駅付近。もももも。

Dsc_1547
もももももも。

降りてきて、宿の温泉に入る。ここは自前で源泉を持っているのだ。非常に熱い。そしてなんとPH1.4!さかむけ程度の小さな傷にもしみる。防水カメラも一応水洗いをしました。

P1010294
錆もしますわ。そりゃ。

P1010298
一応露天もある。展望はないが、お湯が入れるぐらいには冷めてる。

長い一日だったが、明日が本番なのだ。

201002 山形蔵王 その2

やや寝坊。

宿の人に、昨日行方不明になった人がいるから、捜索隊が出ているかも、と脅される。別に脅したわけじゃないだろうが。

昨日の夜に乗ったロープウェイ山頂線にまた乗る。朝方は混んでいて、樹氷鑑賞客以外(スキー客)は整理券がないと乗れない状態だった。われわれは幸いなことに樹氷鑑賞客である。

Dsc_1589
山頂駅の気さくな地蔵。

山頂駅についたのは10時ごろ。ガスっている。ロープをくぐって地蔵岳、熊野岳に登ってくのだが、いきなり間違えて沢のほうに降りそうになる。でも、結果、間違っていったこっちの樹氷が一番きれいだった。

Dsc_1598
この辺が一番きれい。

Dsc_1603
一瞬、雲が切れたりもした。

なんだかんだで登り始めが11時前ぐらいになっていた。地蔵岳へは直登で20分ぐらいでついた。視界10mである。

Dsc_1612
登り始め。このへんはまだ視界十分。

Dsc_1614
地蔵岳山頂。

また地蔵山頂で方向に迷ったが、10mおきぐらいにポール(に雪がびっしりついたなにか)が立っているのが辛うじて見えるので、先に進む。平坦で晴れていたら快適だろうが、風ビュービューで風上側の耳が痛い。たまに目を凝らさないとポールが分らなくなる。これは、迷ったら雪洞ほれないと厳しいだろうなと思う。

Dsc_1621
これポール?

Dsc_1624
なんとなく涅槃的。

Dsc_1626
俺生きてるよな。

GPSで近づくのを確認しつつ、自分を励ます。12時ごろ、完全に雪に埋もれた小屋に到着。

Dsc_1636
GPS的にこれなのか?人もいるし。

Dsc_1643
反対側まわるとこれでした。よかったよかった。

ザックをデポして、ちょっと離れた熊野岳の山頂へ向かう。一瞬雲が途切れたりしたけど、基本的に視界NULL。20分ぐらいでピークと思しき地点に到着。

Dsc_1652
瞬間的に雲が切れるとすごくいい感じ。

Dsc_1654
基本、夢の中を歩く。

山頂標と思しきものがあったが、埋もれてて確認できず。一応写真を撮って小屋に戻る。

Dsc_1662
熊野岳ピーク。多分。

避難小屋は、中に扉が二つあって、片方は空けると雪、もう片方はストーブがある部屋、という天国と地獄の二択になっていた。しばし、温まる。

Dsc_1664
凍った目出帽を脱ぎ捨て、二択!

Dsc_1666
こっちははずれ!何故中なのに雪が満載?普通にこっちの扉開けた。 

Dsc_1669
正解はこちら。

Dsc_1670
冷蔵庫への出口。

帰りは早い。あっという間に地蔵山頂駅に到着した。下山前に樹氷原で遊ぶ。樹氷だけならピークではなく、山頂駅から下に歩いていくのが楽しいと思う。

Dsc_1695
うぁーい!

Dsc_1714
ここをざくざく歩いて降りるのが楽しいんじゃないかと。時間があれば。

宿に戻り、温泉にざぶりとつかり、汗を流すとちょうどバスの時刻である。

Dsc_1722
最後になったが、えびや旅館。

山形駅でまた芋煮うどんを食べて新幹線で帰京。

--
東北は時間もお金もかかるが、それにみあった楽しさがある。八甲田山、八幡平もまだ行っていないのでいずれ行きたいと思う。