カテゴリー

200911 庚申山荘・足尾銅山

200911 庚申山荘・足尾銅山 その1

11/2,3、文化の日を絡めた飛び石連休で、栃木の庚申山に行くことにした。夏の間中、心身ともに不調だったので、山に行くのは5月の屋久島以来で随分と久しぶりだ。紅葉は終わりかけているだろうが、かじか荘という国民宿舎にいい露天風呂があるというので楽しみである。

アクセスは、北千住から東武線特急「りょうもう」で相老まで行き、そこから第三セクターのわたらせ渓谷鉄道に乗り、通洞駅で下車する。わたらせ渓谷鉄道は通称「わ鐵」と呼ばれ、鉄の人達にはよく知られているらしい。

その「わ鐵」は三セクらしく本数が少ないので時間の無駄が多い。そこで、調べてみると昔社会科で習った足尾銅山がその辺にあるらしいので、とくに用もないが時間つぶしに行ってみることにした。

----

初日、相老駅発1206のわたらせ渓谷鉄道で終点間藤駅を目指す。わたらせ渓谷鉄道の車内はバスっぽさ全開。

Watetsu0
渋い色の「わ鐵」

Watetsu2
車内。なんかバスっぽい。

Watetsu3
バスっぽいディテール。

Watetsu1_4
いや、俺が乗ったのはバスだったのか? 

車内はバスっぽいが、そんなこととは関係なく、車窓からの紅葉はきれいだった。

Kouyou1_2
びゅんびゅん飛んでいく紅葉

Kouyou2
渡良瀬川(だと思う)と紅葉

終点の間藤駅には1327到着。

途中から降り出した雨はかなり本降りになっていたので、自転車を借りるのはあきらめ、荷物を預けて歩いて廻ることにした。何故か、自分も同行のT氏も傘をもっていない。家を出る時には降っていなかったからだ。

この辺りの足尾銅山ゆかりの遺構の前には、説明看板が立っていて勉強になるのだが、一々テンションが高い。曰く、

Dsc_0079
「栄枯盛衰は鉱山街の宿命」

Dsc_0124
「昔日を偲ぶつわものどもの夢の跡」

などなど。こちらのテンションも上がろうものである。

最初は足尾銅山の社宅跡。今も倉庫として使われているとのこと。

Dsc_0058
いちいち看板があるので、予備知識なしできても楽しめる。

Dsc_0060
雨が本降りになってきた。

Dsc_0064
廃墟にも秋は訪れる。

こういう社宅跡がいくつも残っている。夜に来たらかなり怖そうだ。

Dsc_0151
「遂に無人の社宅となった。」 平成8年というからつい最近だ。

Dsc_0163
坑夫で賑わったというが往時の面影はない。

さらに今は使われていない廃線を横切り、

Dsc_0071
廃線の跡も歩けるみたい。

発電所の跡を眺め、

Dsc_0075
これだけ?

坑夫が給金を突っ込んだと思しき(後述)酒類販売所の脇を通ってずんずん進むと、

Dsc_0081
生協がたくさんあった。さすが労働者の町。 あと共産党のポスターも。

なにやら大きなものが見えてきた。

Dsc_0083
じゃーん。

足尾精錬所だ。

平成元年の足尾線貨物廃止まで操業していたそうで、これは随分意外だった。
田中正造とか近代史上の遺構だと思っていた。

川越しに精錬所を見ながら近寄ります。

Dsc_0089
ラピュタの鉱山みたい。
Dsc_0091
醤油タンク?

Dsc_0092
手前の擬洋風的な建物も気になる。

Dsc_0101
大煙突だ!

Dsc_0106
鉱山渓谷。

Dsc_0107
赤錆色がいい。

Dsc_0114
でかい! (写真が)

Dsc_0130
振り返って。

興奮してたくさん載せてしまった。

他にも、

Dsc_0109
無縁仏の供養塔

Dsc_0140
古河橋

などがありました。

Dsc_0128
今の通りの様子。一時期は宇都宮に次ぐ町だったというが。いろんな意味で寒い。

間藤駅に戻り、1535発の「わ鐵」に再び乗り、通洞駅に1540着。つぎは「足尾銅山観光」で観光するのだ。ここは15分毎にトロッコが坑道へ案内してくれるが、坑道の中は自分の足で歩く仕様になっている。

そのトロッコ待合室に坑夫の人形があった。

Dsc_0179
「酒とバクチで紛らわし、金を使い果たす者もいた。」

そんなこと言わなくてもいいのにと思う。そう言われると、「生協酒類販売所」がやけに大きかったのが生々しい。

坑道の中にはリアルな坑夫たちの人形がたくさんあり、中には機械仕掛けで動き、小芝居をするものまであった。その小芝居がまた、「XXの奴、またバクチですっからかんになっちまったらしいぜ」とかそんな内容。酒とバクチはどうしても鉱山から切り離せないらしい。

Dsc_0178
トロッコ。坑道の入り口までほんの5分ぐらい乗る。

Dsc_0193
負夫。この辺は江戸時代。「早く終わらせて酒呑むっぺや!」

Dsc_0196
車夫。奥のほうがすごいことになってる。坑道の総延長は東京-博多間ぐらいあるとのこと。

Dsc_0200
休憩する坑夫。「飯うめえ! マジでうめえ!帰ったら麻雀な!」

Dsc_0198_2
悩む坑夫。「俺いつまでここで働くのかな・・・とりあえず呑むか」

Dsc_0207
出口付近。カッコいい。

観光を終え、通洞駅(この名前も鉱山用語らしい)に戻ると、ほどなくかじか荘の車が迎えにきてくれた。

200911 庚申山荘・足尾銅山 その2

さて、本来ここからが目的の行程だったが、ここまで随分楽しんでしまった。

かじか荘には内風呂と露天の二つの温泉があるが、とくに露天風呂が素晴らしい。夜にひと気がなくなってから写真を撮ったので暗くてよく分らないが、正面に山がみえる。風呂も広くてぬるめなので、自分好みだ。

Dsc_0219
基本コースの夕食。豪華ではないがしっかりうまい。

食事をしてテレビをみていたら、冬型の気圧配置が強まり、明日はさらに冷え込み、北陸や関東北部山間部では夜のうちに雪が20cmぐらい積もるというではないか。

ここは栃木だから雪というよりからっ風の地方だし大丈夫だよね、とかいいつつ、また露天風呂に入ってたら、なんと初雪が降ってきた。ここは北部山間部だったらしい。

かじか荘の人も今年は例外的に早い、いつもは一月ぐらい後だ、といっていた。

この連休は全国的に寒かったようだ。

Dsc_0226
露天風呂。頭はT君。「うわ雪?!」

明日のことは明日考えよう、ということにして就寝。フトンが暖かい。庚申山荘泊の案もあったが、宿泊まりにしてよかった。ほんとによかった。

----

あけて、11/3の朝。雪は止んでいい天気になっていた。

Dsc_0236
かじか荘。民間委託?になっているようだ。

予定どおり庚申山に登ることにした。したんだが、結論からいうと、雪が積もっていたり寒かったりして、気合いと体力が足りず、途中で引き返してきた。

冬のつもりで行けば大したことはないのだが、温泉+紅葉狩りぐらいの気合いだったので、庚申山荘あたりでもういいかね、という気分になって撤退してきたのだった。

タイトルが庚申山・足尾銅山じゃなくて、庚申山荘・足尾銅山になってるあたりが正直なところである。

Map_2

だいたい、庚申渓谷を境い目にして、秋から冬になった。帰りに下山してきたら、季節を逆行したみたいだった。

Dsc_0258
秋。紅葉がきれいですね。

Dsc_0252
かなり秋。

Dsc_0271
「紅葉絶景の地」とあるが、ここから冬になった。

1
あれ?

2
天狗の投石にも・・・

3_2
うっすら雪が。

4_2
一の鳥居。

ここまで林道歩きで、ここから登山道になる。

5_2
橋にも白いものが。

6_2
紅葉と雪が一緒に。

7_2
寒い。

9_2
夫婦蛙岩。登るうちに雪がちらちら舞うようになってきた。

A
匂うもん。いや、仁王門。

B
庚申山荘。

やっとつきました。

8時半にかじか荘を出発して、11時ぐらいについた。ほぼコースタイムぐらいか。

庚申山荘は大きな小屋で、管理人不在だが中にはフトンや炊事場があり、一泊\2kで泊まれる。トイレは工事中だった。

C
一応、日なたなら5.5度ある。

Dsc_0314
フトンも貸してくれるが、かじか荘でよかった。

D
かじか荘のオールドスクールなおにぎり弁当。   

おにぎりを食べて、ここまででいいかな、という気分になりそそくさと退散。

Dsc_03281
猿が居た。猿も寒かろう。猿田彦神社もあった。庚申信仰のメッカだけある。

またかじか荘の露天風呂に入って、タクシーで通洞駅に戻り、来たときと同じく「わ鐵」、「りょうもう」で帰宅。

乗り換え一回で浅草から通洞にいけるってすごい。ちなみに、バスで日光駅に出ても同じぐらいのようだ。

結局、足尾銅山がメインのようになってしまったが、庚申山にも用事があったわけではないので、まあいいか。庚申講というわけでもないし。

山は気合いが復活した頃にまた行きたい。

----

おまけ

E
わ鐵ポスター。

その他の写真